本文へスキップ

モーツァルト効果!

 「モーツァルトを聴くと頭がよくなる」というアメリカの大学による研究結果が発表され、一躍モーツァルト・ブームとなったのが1990年代前半のこと。それを受けて、ある州では新生児のいる家庭にクラシック音楽のCDが無料で配布され、また他の州の公立保育園では、週に1度クラシック音楽を流すことが義務付けられたといいます。そういえばかつて私の義理の妹も、妊娠したときにお腹の子のためにモーツァルトを聴いていたと言っていましたね。

 ところが、1999年にこれを否定する声が上がり、また幼児の脳の発達とは無関係という結果も発表され、ブームは下火になりました。すると今度は、モーツァルトの音楽に「癒し効果」があるという研究結果が次々に発表され、再びブームになったのは皆さまのご記憶にも新しいところだと思います。こちらのほうはかなり効果が認められているそうで、「モーツァルト効果」なんて言い方がされていますね。人間だけでなく、牛のお乳の出がよくなったとか、植物の成長がよくなったとか。

 私たちの体の自律神経には、交感神経と副交感神経とがあって、相互に役割を分担しあって働いているそうです。ストレス状態や興奮状態に働くのが交感神経、反対にリラックス状態に働くのが副交感神経で、具体的には、心拍数や血圧を上昇させるのが交感神経、その逆が副交感神経。また食べ物の消化を促進してくれるのが副交感神経で、逆に抑制するのが交感神経だそうです。ストレス過多などでそのバランスが崩れると、不眠症など体調を崩す原因になるんですってね。

 そこで、両者のバランスをうまく整えてくれるのがモーツァルトというわけです。じゃあ、なぜベートーヴェンやブラームスではなくモーツァルトなのか。その理由は、まずひと言で言えば「軽い」ということでしょうか。多くは明るい長調の曲で、ほぼ一定の高周波がずっと気持ちよく鳴り響きます。途中でテンポが揺れ動いたり、急に大音量が鳴ったりするということもありません。しかし、それ以外にも、きっとモーツァルトならではの理由があるはず。実はそのあたりを端的に表しているのが、かのチャイコフスキーの言葉ではないかと思います。

 モーツァルトより100年あまり後にロシアで生まれたチャイコフスキー、その彼が何を言っていたかというと、「モーツァルトの音楽を聴くと、まるで私自身が良いことをしたような気がする」って。あのチャイコフスキーがですよ! 何だか、ハッとさせられるような素敵な言葉です。そして理屈抜きに「あ、ホントにそうだよね」「モーツァルトは私たちのすべてを肯定してくれるよね」って心から納得させられます。ひょっとしたら、モーツァルト評のど真ん中を突いている名言かもしれません。

モーツァルトの『レクイエム』

 未完で問題作とされながらも、一方ではモーツァルトの最高傑作とも称される『レクイエム』。まさに自身へのレクイエム(死者へのミサ曲)ともいうべき遺作となってしまったことや、匿名による高額報酬の作曲依頼などの謎めいたエピソードとも相俟って、いかにも数奇、神秘を感じさせる曲だと思いますが、皆さまはいかが感じておられるでしょうか。

 しかしながら、私としましては、やはり未完であり、且つ他人の手により補完されて成り立っている曲であることが、どうしても心に引っ掛かります。全14曲のうちモーツァルトが完成させたのは第1曲のみで、第2、第3曲はほぼ出来上がっていたものの未完、第11曲以降は草稿が全く存在せず、それ以外は主要部分または断片が残されていたのみだといいます。

 そんな先入観のためか、特に後半部分は興醒めして最後まで聴くことはあまりないんです。こういう鑑賞態度はあまりよろしくないかもしれませんけど・・・。また、最高傑作といわれるのも、どうも合点がいかないんです。
 


目次へ ↑このページの先頭へ

音楽とは、人類は私たちが思っているよりも偉大であるということを私たちに教えてくれるものだ
 
〜ナポレオン・ボナパルト

目次へ