本文へスキップ

クラシック音楽が分かるとは?

 よく「クラシック音楽が分かる」とか「分からない」などという言い方がされますね。ベートーヴェンの曲が分かるとか、難しくてよく分からないとか。この「分かる」「分からない」とは、いったいどういう意味なのか。長らく、分かっているようで分からないでおりました。そうしたら、指揮者の金聖響さんが著書の中でこんなふうにおっしゃっています。

 ―― ベートーヴェンの『運命交響曲』がハ短調で始まりハ長調で終わる交響曲で、アレグロ、アンダンテ、スケルツォ、フィナーレと続く4楽章構成で、スペインで反ナポレオンの蜂起が起こったころに完成した作品で・・・・・・といった知識を身につけると、ベートーヴェンの『交響曲第5番ハ短調作品67』を「ワカッタ」あるいは「ワカルヨウニナッタ」といえるのでしょうか?

 音楽の構造を分析して知ることもひとつの方法でしょうし、歴史的背景を知ることも「ワカッタ」ような気持ちになる手助けをしてくれます。が、「音楽をワカル」ということは、突き詰めて考えると、その音楽に「馴染む」ことであり、「慣れる」ことだといえるのではないでしょうか。

 サザン・オールスターズが1978年に『勝手にシンドバッド』でデビューしたとき、多くの年輩評論家は「ナンダ、コレは!?」と驚き、「ワケがワカラン」という人が多かったといいます。「胸騒ぎの腰つき」という歌詞も歌い方(発音)も、過去には存在しない耳慣れないモノだったから「ワカラン」となったのでしょう。ビートルズやエルビス・プレスリーがデビューしたときも、同様の「ワカラン」という強い拒絶反応が、お年寄りを中心に沸き起こったといいます。お年寄りというのは、過去に長年親しんできた耳慣れた音楽の印象を強く記憶に残しているものですからね。――


 何のことはない、つまり「馴染む」「慣れる」ことなんですよ。それまで小難しく考えてプレッシャーさえも感じていましたが、実は単純なことなんですね。何だかとても救われる思いがいたしました。

音楽史概要

@ルネサンス音楽
 14〜16世紀の音楽。和音で音が進んでいく「ポリフォニー」が特徴。楽譜は大まかで、宗教的な合唱曲が多い。主な作曲家は、オケゲム、ジョスカン・デ・プレ、パレストリーナなど。

Aバロック音楽
 16世紀末〜18世紀前半の音楽で、絶対王政の時代にほぼ重なる。彫刻や絵画等と同じように速度や強弱、音色などに対比があり、劇的な感情の表出を特徴とした音楽。オペラのジャンルが盛んになる。おもな作曲家は、ヴィヴァルディ、リュリ、ラモー、テレマン、バッハ、ヘンデルなど。

B古典派
 18世紀中ごろ〜19世紀初頭の音楽。主旋律に伴奏があるというメロディー重視の音楽(モノフォニー)。この時代に、今のような交響曲、協奏曲、四重奏曲、ソナタなどのジャンルが完成。代表的な作曲家は、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン。

Cロマン派(前期)
 19世紀全般の音楽である「ロマン派」のうち前半の音楽。古典派の均整美から発展し、作曲家の個性や感情が前面に出てくるようになる。ロマン派の音楽はベートーヴェンによって切り開かれ、ウェーバー、シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ベルリオーズ、ショパン、リストらによって推し進められる。

Dロマン派(後期)
 ロマン派前期からさらに規模が拡大、技法も複雑化する。おもな作曲家は、ブラームス、ワーグナー、ブルックナー、マーラー、リヒャルト・シュトラウス、ヴェルディ、プッチーニ、チャイコフスキー、ドボルザークなど。

E近代音楽
 19世紀末から第二次世界大戦までの音楽。ドビュッシー、ラヴェル、シェーンベルク、ストラヴィンスキー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、バルトークなど。
 


目次へ ↑このページの先頭へ