本文へスキップ

音楽に関する名言

  • 詩は音楽にならなかった言葉であり、音楽は言葉にならなかった詩である。〜ヘルマン・ヘッセ
  • 音楽は、それだけで何かを語るものだ。〜マイルス・デイヴィス
  • 人は幸せだから歌うのではない。歌うから幸せなのだ。〜ウィリアム・ジェームズ
  • どうやって音楽を作っているのかと尋ねられたとき、ただ音楽の中に踏み入るだけだと答えます。それは川の中に足を踏み入れて、流れに身を任すようなもの。川の中のすべての瞬間が、それぞれの歌を持っている。〜マイケル・ジャクソン
  • 音楽は決して耳ざわりであってはならない。むしろ耳を満足させ楽しみを与える、つまり常に「音楽」でなくてはならない。〜モーツァルト
  • 音楽は世界語であり、翻訳の必要がない。そこにおいては、魂が魂に話しかけている。〜バッハ
  • 音楽のあるところには、真の悪は存在できない。〜セルバンテス
  • 音楽はあらゆる知恵や哲学よりも高度な啓示である。〜ベートーヴェン
  • 音楽は無用のようでありながら、じつは調和を考えるうえで大いに有用であり、仁義という、人の愛情のありかたも、調和がなければ自我のけわしさに埋没するしかない。極言すれば、音楽がわからなければ、人を愛する愛しかたがわからない。〜宮城谷昌光
  • 人生とはひとつの壮大で甘い歌なので、音楽を始めなさい。〜ロナルド・レーガン
  • 良い音楽には、人を良い方向に向かわせるエネルギーがあります。〜新実徳英
  • 生きることは音楽的であること。体内の血が踊り出すところから始まる。すべての生命がリズムを刻んでいる。君は、君の音楽を感じているかい?〜マイケル・ジャクソン
  • 草のそよぎにも、小川のせせらぎにも、耳を傾ければそこに音楽がある。〜バイロン
  • 自分の耳が許す音だけが音楽である。〜ショパン
  • もし私が物理学者でなければ、おそらく音楽家になるだろう。私はしばしば音楽の中で考え、音楽の中で空想を生きている。私は音楽の面から自分の人生を見つめているんだ。〜アインシュタイン
  • 音楽においてもっとも不可欠でもっとも難しく大事なのは、テンポだ。〜モーツァルト
  • 音楽は、世界に魂を与え、精神に翼をあたえる。そして想像力に高揚を授け、あらゆるものに生命を授ける。〜プラトン
  • 音楽は人間が言葉で言えないことで、しかも黙ってはいられない事柄を表現する。〜ヴィクトル・ユーゴー
  • 人生の惨めさから抜け出す慰めは2つある。音楽と猫だ。〜アルベルト・シュバイツァー
  • あらゆる種類の音楽が好きだと言い張る人を知っているか?それは実際には音楽が好きではないということを意味する。〜チャック・クロスターマン
  • 彼は何千人もの人に聴かせるように弾くが、私はただ一人の人に聴かせるために弾く。〜ショパン
  • モーツァルトの音楽を聴くと、まるで私自身が良いことをしたような気がする。〜チャイコフスキー
  • 受け入れる心になるまでは、音楽も意味のない騒音にすぎない。〜パウル・ヒンデミット
  • 人生は美しいメロディのようなもので、歌詞だけがめちゃくちゃになっている。〜アンデルセン
  • 音楽は女性と似ている。理解しようとしたら楽しめない。〜フレディ・マーキュリー
  • すべての人生にはサウンドトラックがある。〜ジョディ・ピコー
  • 踊ることが沈黙の音楽であるように、音楽は目に見えない踊りだ。〜ジャン・パウル
  • 音楽とは、男の心から炎を打ち出すものでなければならない。そして女の目から涙を引き出すものでなければならない。〜ベートーヴェン
  • 音楽は色彩とリズムを持つ時間とからできている。〜ドビュッシー
  • 音楽とは君自身の経験であり、君の思想であり、知恵なのだ。もし君が真の生活を送らなければ、君の楽器は何も真の響きを持たないだろう。〜チャーリー・パーカー
  • バッハは、天文学者で最高に素晴らしい星々を発見した。ベートーベンは宇宙に挑戦した。私はただ人間の魂と心を表現しようとするだけです。〜ショパン
  • 音楽は自らの人生であり、人生は音楽である。このことを理解できない人は、神に値しない。〜モーツァルト
  • 風は見えなくても風車は回っている。 音楽は見えなくても心に響いてくる、囁きかける。〜バッハ
  • 音楽は音符にあるのではなく、その間の沈黙にある。〜モーツァルト
  • 音楽とは、男の心から炎を打ち出すものでなければならない。そして女の目から涙を引き出すものでなければならない。〜ベートーヴェン
  • すべての芸術は、音楽に嫉妬する。〜ニーチェ
  • 間違ったっていいじゃない、機械じゃないんだから。〜フジコ・ヘミング
  • 音楽があなたの人生の重荷を振り払い、あなたが他の人たちと幸せを分かち合う助けとなるように。〜ベートーヴェン


目次へ ↑このページの先頭へ