本文へスキップ

万葉集の歌【目次】万葉集古典に親しむ

中臣女郎(なかとみのいらつめ)の歌

巻第4-675~679

675
をみなへし佐紀沢(さきさは)に生(お)ふる花かつみかつても知らぬ恋もするかも
676
海(わた)の底奥(おき)を深めて我(あ)が思(も)へる君には逢はむ年は経(へ)ぬとも
677
春日山(かすがやま)朝居る雲のおほほしく知らぬ人にも恋ふるものかも
678
直(ただ)に逢ひて見てばのみこそたまきはる命に向ふ我(あ)が恋やまめ
679
否(いな)と言はば強(し)ひめや我(わ)が背(せ)菅(すが)の根の思ひ乱れて恋ひつつもあらむ
 

【意味】
〈675〉おみなえしが咲く佐紀沢に生い茂る花かつみではありませんが、かつて経験したことのない切ない恋をしています。
 
〈676〉心の底から私が深く愛するあなたには、必ずお逢いいたします、たとえ年が経とうとも。

〈677〉春日山に朝かかる雲のように、ぼんやりとしてよく知らない人に恋することです。

〈678〉あなたに直にお逢いできた時、その時こそ命懸けの私の恋はやむのでしょう。
 
〈679〉あなたが嫌だとおっしゃるのなら無理にとは申しません。思い乱れていつまでも恋して生きていきます。

【説明】
 中臣女郎が大伴家持に贈った歌5首。中臣女郎は中臣氏出身の令嬢に対する敬称とされますが、伝未詳です。

 675の「をみなへし」は、咲く意で「佐紀」にかかる枕詞。上3句は「かつて」を導く序詞。「佐紀沢」は、奈良の佐紀の沢。佐紀の古陵のあるところはやや高地ですが、その丘陵地に対し沼沢地というべき低地があり、「佐紀沢」とか「佐紀沼」とうたわれています。「花かつみ」はマコモとされますが、葦・花菖蒲・赤沼あやめ・姫しゃがなどの説もあります。「かつみ」と「かつて」の同音を掛けています。

 「をみなえし」は原文では「娘子部四」となっており、『万葉集』ではほかに「姫押」「姫部志」「佳人部志」などの字があてられています。この時代にはまだ「女郎花」の字は使われていませんでしたが、いずれも美しい女性を想起させるものです。「姫押」は「美人(姫)を圧倒する(押)ほど美しい」意を語源とする説もあります。

 676の「海の底」は「奥」の枕詞。677の「春日山」は、奈良市の東にある春日山や若草山など一帯の山々の総称。上2句は「おほほしく」を導く序詞。「おほほしく」は、霞がかかったようなはっきりしない情景の意で、ぼんやりとした不安な心情を表しています。678の「たまきはる」は、霊(霊力・生命力)が極まる意で、「命」の枕詞。679の「菅の根の」は「思ひ乱る」の枕詞。拒否されたらあきらめると言いつつも、下の句では、強い情念が吐露されています。
 
 初めの4首が独泳歌、最後の1首が相手に語りかける形の歌になっていますが、これらに対する家持の歌がないことから、前後の事情は分かりません。家持を「知らぬ人」と言いつつも、熱意のある訴えをしているところから、あるいは人を介して知り合ったのでしょうか。いずれにしても、家持は冷淡な態度に終始したようです。

大伴三依(おほとものみより)の歌ほか

巻第4-552

我(あ)が君はわけをば死ねと思へかも逢ふ夜(よ)逢はぬ夜(よ)二走(ふたはし)るらむ

【意味】
 ご主人さまはこの私めを死ねと思っていらっしゃるのか。逢ってくださる夜、逢ってくださらぬ夜と、二つの道を迷いながら行くのでしょうか。

【説明】
 大伴三依の歌。大伴三依は大伴御行(おおとものみゆき)の子で、三河守、民部少輔、遠江守、刑部大輔、出雲守などを歴任した人。『万葉集』には4首。

 「我が君」は、相手が身分の高い女性だったためか、わざと敬称で呼んだもの。三依の恋人としては賀茂女王が知られますが、誰に贈った歌かは分かりません。「わけ」は、年少の召使の意で、自分を指す卑称。「二走る」は、二つのことがどちらつかずで交錯する意。

巻第4-690・693

690
照る月を闇(やみ)に見なして泣く涙(なみだ)衣(ころも)濡らしつ干(ほ)す人なしに
693
かくのみし恋ひや渡(わた)らむ秋津野(あきづの)にたなびく雲の過ぐとはなしに
 

【意味】
〈690〉月は照っているのに、闇夜と思うほどに泣いて涙が着物を濡らしても、それを乾かしてくれる人はいない。

〈693〉こんなふうに恋い続けるのだろうか。秋津野にたなびく雲がやがて消えていくように、思いが消えるということもなく。

【説明】
 690は、大伴三依の「悲別の歌」、つまり別れ別れでいることを悲しむ歌。「見なして」は、見えなくしての意で、下の「涙」の多い状態を形容しています。妻と別れて遠い旅にあって詠んだ歌でしょうか。
 
 693は、大伴千室(おおとものちむろ)の歌。大伴千室は、天平勝宝6年(754年)に大伴家持邸での年賀の宴で歌を詠んでおり、そのとき左兵衛督(さひょうえのかみ:行幸の供奉などをつかさどる左兵衛府の長官)。『万葉集』には2首。「かくしのみ」は、こんなふうに。「恋ひや渡らむ」は、恋い続けるのだろうか。「秋津野」は、奈良県吉野町宮滝付近の秋津の野か。

広河女王(ひろかはのおほきみ)の歌

巻第4-694~695

694
恋草(こひくさ)を力車(ちからくるま)に七車(ななくるま)積みて恋ふらく我(わ)が心から
695
恋は今はあらじと我(わ)れは思へるをいづくの恋ぞつかみかかれる
 

【意味】
〈694〉刈っても刈っても生い茂る恋草を、何台もの荷車に積むほど、恋の思いに苦しくて苦しくてならない。これも我が心ゆえ。

〈695〉もう今は恋することはないだろうと思っていたのに、どこに隠れていた恋がつかみかかってきたのだろう。

【説明】
 広河女王は穂積皇子(ほずみのみこ)の孫で、上道王(かみつみちのおおきみ)の娘。694の「恋草」は、恋心の烈しさを、刈っても刈っても生えてくる旺盛な生命力の草に譬えたもの。「力車」は、人力で引く荷車。「七車」の「七」は、数が多い意。自分のせいなのに、どうにもできない恋心を自嘲している歌です。

 695は、祖父である穂積皇子の「家に有る櫃(ひつ)に鏁(かぎ)刺し収(おさ)めてし恋の奴(やつこ)がつかみかかりて」(巻第16-3816)を意識した歌のようです。ただし、穂積皇子の歌が聞く者の笑いを誘う歌であるのに対し、女王の歌には笑いはありません。

巫部麻蘇娘子(かむなぎべのまそをとめ)の歌

巻第4-703~704

703
我(わ)が背子(せこ)を相(あひ)見しその日(ひ)今日(けふ)までに我(あ)が衣手(ころもで)は干(ふ)る時もなし
704
栲縄(たくなは)の長き命(いのち)を欲(ほ)りしくは絶えずて人を見まく欲(ほ)りこそ
 

【意味】
〈703〉あなたとお逢いした日以来、その日を思うにつけ涙があふれ、着物の袖が乾く間がありません。
 
〈704〉栲縄のように長く生きていたいと思うのは、いつまでもあの方のお顔を見ていたいからなのです。

【説明】
 巫部麻蘇娘子は伝未詳。704の「栲縄の」は、栲(こうぞ)で綯った縄で、意味で「長き」に掛かる枕詞。「人」は家持を指します。705の「見まく」は「見む」の名詞形。

 名門大伴家の御曹司である家持は、その貴公子然とした風采から多くの女性を魅了したとみられ、十数人にものぼる女性から恋歌を贈られています。しかし、そのほとんどに返事を出しておらず、あまりに多くの相手に付き合いきれなかったのか、あるいは、実際には返歌を贈ったものの意図的に載せなかったのか、そのあたりは不明とされています。

巻第8-1621

我(わ)が宿(やど)の萩花(はぎはな)咲けり見に来(き)ませいま二日(ふつか)だみあらば散りなむ 

【意味】
 わが家の萩の花が咲いたので、見に来て下さい。あと二日ほどしたならば、散ってしまいましょう。

【説明】
 誰に贈ったともありませんが、相手は家持ではないかと考えられています。「二日だみ」の「だみ」は語義未詳。ほど、ばかり、か。「散りなむ」は、散るだろう。

 国文学者の窪田空穂は、この歌について次のように言っています。「この当時としては特色のあるものである。それはいっていることが、あくまで実際に即している上に、その言い方が、日常の用足しの言い方と全く同一であることで、この言い方がことに注意されるのである。上代の歌はすべて実際に即したもので、大体この歌と同じものであったが、それにしても謡い物としての要素を多分にもっていた。この歌は謡い物の要素の少ないもので、日常語と多く異ならないものである。言いかえれば、上代の実用性を主にした歌風が、そのままに著しく散文化した形のものである。この当時の新風の歌の間に、一面にはこうした新風が行なわれていたということは、歌というものの性格を語っていることといえる」

粟田女娘子(あはためのをとめ)の歌

巻第4-707~708

707
思ひ遣(や)るすべの知らねば片垸(かたもひ)の底にぞ我(あ)れは恋ひ成りにける
708
またも逢はむよしもあらぬか白栲(しろたへ)の我(あ)が衣手(ころもで)に斎(いは)ひ留(とど)めむ
 

【意味】
〈707〉思いを晴らす手だてが分からないまま、片垸(かたもい)の器の底に沈んで、片思いをするようになりました。
 
〈708〉再びお逢いする機会がないものでしょうか。今度こそ真っ白な着物の袖の中に、あなたを大切につなぎとめておきましょう。

【説明】
 粟田女娘子(伝未詳)が大伴家持に贈った歌2首。707の「思ひ遣るすべの知らねば」は、思いを晴らす手立てを知らないので。「片垸」は、蓋のない土製の茶椀で、「片思い」を掛けています。「片垸の中に注す」との注記があり、片垸の底にこの歌を書いて贈ったもののようです。おそらく自分で土をこねて作ったのでしょう、不格好だったかもしれませんが、とても愛嬌のある贈り物です。

 708の「よしもあらぬか」は、機会はないだろうか。「も~ぬか」は、願望。「白栲の」は「衣」の枕詞。「斎ひ」は、神聖なものとして大切にする。

安都扉娘子(あとのとびらのをとめ)の歌

巻第4-710

み空行く月の光にただ一目(ひとめ)相(あひ)見し人の夢(いめ)にし見ゆる

【意味】
 月明かりの下でたったひと目見かけただけの人、そのお方の姿が夢に出てきます。

【説明】
 安都扉娘子は伝未詳ながら、物部氏と同祖の安都氏出身の娘子とされます。「み空」の「み」は美称。「相見し」は、ふつう男女の関係をもったことを言いますが、ここでは「ただ一目」とあるので、視線を交わした、あるいはちょっと逢った程度のこととみられます。「夢にし」の「し」は強意。

丹波大女娘子(たにはのおほめをとめ)の歌

巻第4-711~713

711
鴨鳥(かもとり)の遊ぶこの池に木(こ)の葉落ちて浮きたる心(こころ) 我(あ)が思はなくに
712
味酒(うまさけ)を三輪(みわ)の祝(はふり)が斎(いは)ふ杉(すぎ)手触れし罪か君に逢ひかたき
713
垣穂(かきほ)なす人言(ひとごと)聞きて我(わ)が背子(せこ)が心たゆたひ逢はぬこのころ
  

【意味】
〈711〉鴨が遊ぶこの池に木の葉が落ちて浮かぶような、そんな浮わついた心で私はあなたを思っているのではありません。
 
〈712〉三輪の神官があがめる杉、その神木に手を触れた祟りなのでしょうか、なかなかあの方に逢えないのは。

〈713〉垣根のように二人の仲を隔てる噂のせいで、あなたの心がためらっているのか、このごろ逢ってくださらない。

【説明】
 丹波大女娘子は伝未詳。711の上3句は「浮きたる」を導く序詞。712の「味酒を」の「味酒」は「みわ」とも読み、同音で「三輪」にかかる枕詞。「祝」は、神職の階級の称で、神主に次ぐ位。「杉」は、わが国固有の樹木であり、良質の木材として利用されてきたと共に、樹齢の長い巨木には神が宿るとして崇められてきました。713の「垣穂なす」の「なす」は、のように。「人言」は、人の噂。「たゆたひ」は、ためらって、躊躇して。

三輪山神婚説話
 「三輪山神婚説話」は、古く『古事記』に見えます。夜な夜な、絶世の美女イクタマヨリ姫のもとに男が通い、ついに姫が身ごもってしまいます。ところが姫は、男がどこの誰であるとも明かしません。姫の両親は怪しみ、男の素性を探ろうとして、男が訪ねてきたときに、麻糸を通した針を男の着物の裾に刺させます。翌朝、糸をたどっていくと、それは三輪の神社まで続いており、男の正体が大物主大神(おおものぬしのおおかみ)であり、お腹の子は神の子だと知ったのです。 

【PR】

古典に親しむ

万葉集・竹取物語・枕草子などの原文と現代語訳。

バナースペース

【PR】

万葉の植物

オミナエシ
秋の七草のひとつに数えられ、小さな黄色い花が集まった房と、枝まで黄色に染まった姿が特徴。『万葉集』の時代にはまだ「女郎花」の字はあてられておらず、「姫押」「姫部志」「佳人部志」などと書かれていました。いずれも美しい女性を想起させるもので、「姫押」は「美人(姫)を圧倒する(押)ほど美しい」意を語源とする説があります。

サネカズラ
常緑のつる性植物で、夏に薄黄色の花を咲かせ、秋に赤い実がたくさん固まった面白い形の実がなります。別名ビナンカズラといい、ビナンは「美男」のこと。昔、この植物から採れる粘液を男性の整髪料として用いたので、この名前がついています。

センダン
センダン科の落葉高木で、古名は「あふち」「おうち」。生長が早く、大きくなると20mにもなり、夏には大きな木陰を提供してくれます。初夏に淡紫色の花が咲き、 秋には多くの黄色い実をつけます。なお、「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」の諺にある栴檀は、これとは異なる木です。

ツユクサ
ツユクサ科の1年草で、道ばたなどでよく見られます。秋に可憐な青花を咲かせますが、朝に咲いて、昼過ぎにはしぼんでしまう短い命です。また、昔はツユクサで布を染めましたが、すぐに色褪せるため、移ろう恋心に例えられました。「月草」はツユクサの古名です。

ヌバタマ
アヤメ科の多年草。平安時代になると檜扇(ひおうぎ)と呼ばれるようになりました。花が終わると真っ黒い実がなるので、名前は、黒色をあらわす古語「ぬば」に由来します。そこから、和歌で詠まれる「ぬばたまの」は、夜、黒髪などにかかる枕詞になっています。

ハギ
マメ科の低木で、夏から秋にかけて咲く赤紫色の花は、古くから日本人に愛され、『万葉集』には141首もの萩を詠んだ歌が収められています。名前の由来は、毎年よく芽吹くことから「生え木」と呼ばれ、それが「ハギ」に変化したといわれます。

ヤナギ
ヤナギ科の樹木の総称で、ふつうに指すのは落葉高木のシダレヤナギです。。細長い枝がしなやかに垂れ下がり、春早く芽吹くので、生命力のあるめでたい木とされます。シダレヤナギに「柳」の字を使い、ネコヤナギのように上向かって立つヤナギには「楊」を用いて区別することもあります。

ヤブコウジ
『万葉集』では「山橘」と呼ばれる ヤブコウジは、サクラソウ科の常緑低木。別名「十両」。夏に咲く小さな白い花はまったく目立たないのですが、冬になると真っ赤な実をつけます。この実を食べた鳥によって、種子を遠くまで運んでもらいます。

ヤブコウジ
山橘(やまたちばな)ともいわれるヤブコウジは、夏に咲く小さな白い花はまったく目立たないのですが、冬になると真っ赤な実をつけます。その実が美しいので、鑑賞用に栽培もされます。

ヨメナ
『万葉集』では「うはぎ」と詠まれているヨメナは、野原や道端に生えるキク科の植物。当時から代表的な春の摘み草であり、柔らかい葉や茎を食用にしていました。薄紫色の花が、夏の終わりから秋の終わりごろまで咲き続けます。

万葉集の代表的歌人

第1期(~壬申の乱)
磐姫皇后
雄略天皇
舒明天皇
有馬皇子
中大兄皇子(天智天皇)
大海人皇子(天武天皇)
藤原鎌足
鏡王女
額田王

第2期(白鳳時代)
持統天皇
柿本人麻呂
長意吉麻呂
高市黒人
志貴皇子
弓削皇子
大伯皇女
大津皇子
穂積皇子
但馬皇女
石川郎女

第3期(奈良時代初期)
大伴旅人
大伴坂上郎女
山上憶良
山部赤人
笠金村
高橋虫麻呂

第4期(奈良時代中期)
大伴家持
大伴池主
田辺福麻呂
笠郎女
紀郎女
狭野芽娘子
中臣宅守
湯原王


(大伴家持)

【PR】

デル株式会社

【目次】へ