本文へスキップ

源氏物語~各帖のあらすじ(つづき)

ページの先頭へ →本文・現代語訳へ

【PR】

37.横笛(源氏49歳)

  翌春、源氏は柏木の一周忌を盛大に営んだ。彼が遺した息子の薫は、尼となった女三の宮のもとですくすくと成長している。朱雀院から贈られた筍(たけのこ)を取り散らかしてかじっている無邪気な姿を見て、源氏も一瞬あの憂さを忘れてしまう。

 夕霧は未亡人となった落葉の宮を訪ねているうちに、いつしか宮に引かれていった。ある秋の夕暮れ、夕霧は落葉の宮を訪ね、一条御息所(落葉の宮の母)から柏木遺愛の横笛を贈られた。その夜、夕霧は夢に柏木の亡霊と会い、柏木は、横笛は自分の子孫に伝授したいと言う。子孫とは誰かと尋ねる間もなく目が覚める。

 翌日、夕霧は六条院に源氏を訪ねた。そこにいた薫の顔を見ると、柏木に似ていると直感した。源氏に昨夜の夢のことを語ると、その笛は訳あってこちらで預かるといって召しあげられてしまった。そこで、柏木の遺言の真相を聞いたが、源氏は素知らぬふりをしていた。

ページの先頭へ

38.鈴虫(源氏50歳)

 夏、蓮の花が咲くころ、まもなく新築される念誦堂のために女三の宮が仏事を営んだ。源氏や紫の上の気配りは格別で、儀式は盛大に行われた。

 8月の十五夜、源氏が女三の宮を訪ねた折、源氏の弟の蛍兵部卿の宮や夕霧たちが集まってきて、鈴虫の声を聞く宴が催された。その席上、源氏は柏木を思い出し、涙を落とした。そこへ冷泉院から招きの使者があり、皆うちそろって参上し、夜を徹して詩歌を作り興を尽くした。

 翌日、源氏は秋好中宮を訪問した。中宮は出家したいと言い出した。亡き母、六条御息所がいまだに物の怪となって現れることがあり、死後も成仏できずにいると悲観してのことだった。源氏は出家をいさめ、追善供養を勧めた。

ページの先頭へ

39.夕霧(源氏50歳)

 一条御息所(朱雀院の更衣で落葉の宮の母)が物の怪に取り憑かれ、加持のために落葉の宮とともに比叡山の麓の小野山荘に移った。8月中旬、夕霧は小野山荘を見舞いに訪れた。御息所に代わって応答する落葉の宮に恋情を訴えながら、落葉の宮のそばで一夜を明かしてしまう。母の御息所は夕霧が昨夜宿泊したことを加持の律師から聞かされ、当惑した。

 夕霧から落葉の宮に宛てた手紙が届き、御息所がその返事を書いた。その内容は、二人の仲を許すというものだった。夕霧が宮からの文と思ってあけてみると御息所の筆跡である。夕霧が読もうとするところへ、後ろから雲居雁が寄ってその手紙を奪い隠してしまった。夕霧は返事を書くことができず、御息所は夕霧から返事が来ないのに落胆し、病も悪化してあえなく死んでしまった。

 夕霧は、意に添わぬままの落葉の宮を京へ連れ戻し、一条の宮(落葉の宮邸)で夫婦生活を始めた。雲居雁は激怒し、姫君たちと赤子を連れて、実家である父の致仕の大臣邸に帰ってしまった。あわてた夕霧が連れ戻しに邸を訪れるが、雲居雁は頑として応じなかった。

ページの先頭へ

40.御法(源氏51歳)

 紫の上は、数年前に大病を患って以来、日増しに衰弱してきて、源氏の心配もこの上ない。紫の上は、最近では後世のために出家を願うようになったが、独りになりたくない源氏は許さない。3月10日、紫の上の発願による法華経千部の供養が二条院でを行われた。六条院の女君たちのほか、源氏の関係者がこぞって参列し、源氏は紫の上のすぐれた心用意に改めて感心させられた。そのなかで紫の上はみずからの死を予感する。

 夏になって紫の上はいっそう衰弱し、明石の中宮と匂宮にそれとなく遺言をした。8月14日暁、源氏と明石中宮に見守られながら、静かに息を引き取った。葬儀のいっさいは夕霧が取り仕切った。送りの女房は夢路に惑う心地がして、車から転げ落ちそうになった。心から頼り信じていた妻を失った源氏は悲嘆に明け暮れ、出家の志を固めた。

ページの先頭へ

41.幻(源氏52歳)

 翌年の春になっても、源氏の心は晴れなかった。二条院にこもり、亡き人を偲んでいる。わずかに、昔馴染みの女房たちとの会話に心が慰められるばかりである。そうした会話の中で、源氏は初めて、女三の宮が降嫁したときの紫の上の苦悩を聞いた。一周忌には、かねて用意しておいた曼荼羅(まんだら)の供養を行った。

 年末になり、源氏は来年出家するために身辺の整理をし、紫の上の手紙も焼いてしまった。さすがに涙がとめどなく流れる。明日は元日、孫の匂の宮(におうのみや)は追儺に興じて走り回っている。この幼い人の姿を見るのも今年が最後と覚悟して、源氏はしみじみと我が人生を振り返る。

(ここまでが光源氏の物語であり、続く巻は源氏が亡くなった後の話から始まり、どちらにも源氏の出家や死の様子は書かれていない。この二つの巻の間には八年間もの空白があり、古来、ここに巻名のみで本文のない「雲隠(くもがくれ)」が置くことが行われている。源氏の死を暗示する巻名に違いないものの、これが作者の措置によるものか、後人によるものかは不明。また、もともと巻名だけで本文は書かれなかったとする説と、本文はあったが紛失したとする説がある。)

【PR】

↑ ページの先頭へ

第3部

42.匂宮(薫14~20歳)

 源氏の没後、その輝かしさに代わる人としては、薫(母は女三の宮)と匂の宮(母は明石中宮)とが、すぐれた人物として噂されていた。薫は女三の宮のもとで成長、冷泉院にとりわけ可愛がられ、侍従から昇進して右近中将になった。匂の宮は紫の上の遺言により二条院に住み、元服して兵部卿宮と称した。

 薫は衣に妖しい香がただよい、真面目さの中にどことなく暗い影を宿している。また、仏教の無常観にひかれ、かねがね出家を志していた。一方、匂の宮は薫と対照的に、社交的で明るいプレイボーイ風であった。薫をまねて衣に香をたきしめており、世の人は二人を、「薫る中将」「匂う兵部卿」と並び称した。誰もが娘婿にと望み、夕霧も自分の娘をどちらかと結婚させたいと望んでいた。

※54巻の執筆順序についてはさまざまな説が出されており、とくに宇治十帖に先立つ「匂宮」「紅梅」「竹河」3巻に関しては、人物の官名や年立に矛盾がある。そのため作者は別人とする説もあるが、確かなことはわかっていない。

↑ ページの先頭へ

43.紅梅(薫24歳)

 髭黒の大臣の娘の真木柱(まきばしら)は、蛍兵部卿宮と結婚したが、宮の没後、宮との間の一人娘(宮の御方)をつれて紅梅大納言(柏木の弟)と再婚した。大納言には先妻の腹に二人の姫君(大君・中の君)があった。三人の姫君は大の仲良しとなり、やがて、大君(おおいぎみ)は東宮(明石中宮の子)に入内した。

 大納言は中の君を匂の宮にめあわたいと考えていたが、匂の宮は真木柱の連れ子(宮の御方)の方に心引かれていた。匂の宮は弟の若君を手なずけて何とか宮の御方に言い寄ろうとするが、将来は尼になろうと決心している宮の御方は応じようとしない。大納言は、中の君と匂の宮の結婚をあきらめる。

↑ ページの先頭へ

44.竹河(薫14~23歳)

 髭黒大臣の没後、玉鬘は三男二女を養育していたが、二人の姫君の行く末に思い悩んでいた。長女の大君(おおいぎみ)は、帝からも冷泉院からも求婚される。薫と蔵人少将(夕霧の子)も熱心に求婚してきたが、玉鬘は夕霧とも相談し、けっきょく冷泉院の妃とすることに決めた。昔、自分が院の御志に添わなかったことへのお詫びの気持ちもあった。

 やがて、大君は姫君(女二の宮)と男御子(今宮)を産んだが、先に妃に入っていた弘徽殿女御(冷泉院の女御、柏木の妹)の嫉妬が激しく、里に帰る日が多かった。玉鬘は、この結婚は失敗だったと、薫に愚痴をこぼす。一方、次女の中の君は、帝からたびたび仰せがあったので、尚侍(ないしのかみ)として入内した。

 そのころ竹河左大臣が死去した。夕霧は左大臣に、紅梅大納言は左大将兼右大臣に、薫中将は中納言に、それぞれ昇進した。蔵人少将は宰相となり、竹河左大臣の娘と結婚していた。

↑ ページの先頭へ

45.橋姫(薫20~22歳)

 源氏の異母弟の宇治八の宮は、かつては東宮候補と目された時代もあったが、本人に何の咎もないのに世から疎まれ、失意の生活を送っていた。やがて仲睦まじかった北の方を失い、京の邸宅が焼けてからは宇治に移り住んでいた。八の宮には大君(「竹河」に登場した玉鬘の長女とは別人)と中の君(「紅梅」に登場した紅梅の次女や「竹河」に登場した玉鬘の侍女とは別人)という二人の娘を育てていた。

 八の宮は、もはやこの世に未練はなく出家したいと思い始める。しかし、幼い娘たちを捨て置くわけにもいかず、来たるべき時のために仏道に精進していた。そのころ、世の無常を感じていた薫は、八の宮の俗聖の暮らしぶりを耳にし、尊敬と羨望の念を抱く。そしてある日、八の宮を訪ねて、深く共鳴するところがあった。その後もしばしば尋ねるようになって、3年が過ぎた。

 晩秋のある月の夜に、薫は宇治を訪れた。折から八の宮は山寺にこもって7日間の勤行中であった。山荘では、留守を守る二人の姫君が琵琶と琴を弾いていた。薫は透垣から美しい姫君を垣間見、全部聞かないうちに夜が明けたので、大君と歌を贈答して帰った。

 10月、薫が再び宇治を訪れると、八の宮は出家の志のあることを話し、薫に姫君たちの行く末を頼んだ。薫は、縁組云々ではなくとも身内同然に精一杯世話をするつもりだと答え、八の宮を安心させる。その夜、薫は、弁の君という年老いた女房から柏木の臨終の様子を聞き、自分が源氏の子ではないことを知り、暗い気持ちになった。京に帰っても参内する気にもなれない。

↑ ページの先頭へ

46.椎本(薫23~24歳)

 2月末、薫から宇治の姫君姉妹の話を聞いて心を動かした匂の宮は、初瀬詣での帰りに、夕霧が所有する宇治の山荘に一泊し、琴を弾いて遊んだ。夕霧は物忌みのために来られなかったため、代わりに薫が匂の宮を迎えた。気心知れた相手なので、匂の宮も喜ぶ。八の宮の山荘はその川向かいにあるので、琴の音がよく聞こえた。匂の宮は帰京してから、大君にたびたび手紙を贈ったが、いつも中の君が代筆して返してきた。
 
 秋の司召で薫は中納言になった。八の宮は秋の深まりとともにいいようのないほどの心細さを感じ、姫君たちに万が一の心構えとして「私が死んでも軽々しい心は起こさず、宮家としての誇りを汚すような結婚をせぬように」と言い置いて、念仏のため山寺にこもった。そして寺で発病しそのまま死去した。姫君たちはひどく消沈し、訃報を耳にした薫も同じく塞ぎこむものの、宇治へ見舞いを遣わせ、葬儀の段取りを施した。

 四十九日の忌明けのころ、薫は宇治を訪れ、几帳越しに姫君たちと亡き八の宮との約束ごとなどを話した。年末の雪の降る日、薫は再び宇治を訪れ、大君に心中を明かしたが、大君はこれに応じなかった。

 翌春、相変わらず中の君と歌のやり取りだけが続いていた匂の宮は、宇治への手引きを薫に頼んだ。夕霧は娘の六の君を匂の宮へと望んだが、中の君に夢中の匂の宮はこれを聞き入れなかった。夏、宇治を訪ねた薫は、喪服姿の姫君たちを垣間見た。やがて、三条宮が焼け、女三の宮は六条院に移った。

【PR】

↑ ページの先頭へ

47.総角(薫24歳)

 8月、八の宮の一周忌が営まれた。9月、薫は宇治を訪れ、乳母の弁の君の手引きで大君の部屋に忍び入ったが、大君はいち早く逃げた。薫はやむなく中の君と一夜を語り明かして立ち去った。薫は、匂の宮に中の君を逢わせることを約束する。そうすれば、大君は諦めて自分に従うだろうとの思惑もあった。

 彼岸の果ての日、薫は匂の宮を宇治へ案内した。匂の宮は薫を装って中の君の部屋に入り、中の君と契りを結んだ。大君は中の君を薫にと望んでいたので、匂の宮と中の君との一件を聞いて非常に驚いた。しかし、こうなった以上は中の君との結婚を認めねばなるまいと決心する。

 10月の初め、薫は匂の宮を宇治に連れ出す口実に紅葉狩りを催した。ところが少人数で向かうはずが仰々しい行事となってしまい、姉妹のいる山荘に近づくこともできず、結局、今か今かと匂の宮の到着を待つ姫君たちを悲しませる結果となった。

 大君は、親の後ろ盾のない身ゆえにこのように軽んじられるのだと思い、ますます独身を通す決意を固める。しかし心労のため病に臥してしまう。匂の宮は外出を禁じられた上、本人の意思と関係なく、夕霧の六の宮との縁談が決定された。その噂を聞いた大君はショックを受け、病は悪化、11月、薫の見守るうちに死去した。薫は途方に暮れる。

↑ ページの先頭へ

48.早蕨(薫25歳)

 宇治にも春が来たが、姉を失った中の君は心の晴れる時がなかった。美しい盛りの中の君だったが、少しやつれてしめやかな魅力が加わり、どことなく大君の面影にも似てきた。都では、大君を忘れられない薫が匂の宮の邸を訪ねて、悲痛な心境を吐露。匂の宮も大いに同情した。その一方で、中の君を匂の宮に渡してしまったことの軽率さを後悔した。

 翌年2月、中の君は匂の宮によって二条院に迎えられることになった。今さらどうしようもない薫は、中の君の引越しの世話に心を砕いた。女房たちは都へ移ることに心躍らせていたが、中の君は、八の宮や大君との思い出が残る山荘を離れるのを辛く思っている。年老いた弁の君は宇治に残った。

 六の宮との婚儀を決めていた夕霧は、宮が宇治の姫君を迎えたと聞いて失望した。代わりに薫を婿にしようと考えその内意を伝えたが、薫は取り合わなかった。花盛りのころ、薫は二条院を訪れ、中の君といろいろの思い出話をした。匂の宮は、このような二人の仲を疑った。

 

↑ ページの先頭へ

49.宿木(薫24~26歳)

 今上帝の后は、明石中宮のほかに藤壺女御(冷泉院の母の女院とは別人)がいた。その子は女二の宮(夕霧の妻の女二の宮とは別人)一人だけであったが、裳着を迎える前に女御は亡くなった。帝は、後ろ盾のない女二の宮の行く末を心配し、薫に降嫁させようと望んだ。

 この話を聞いた夕霧は、薫を諦め、六の君を匂の宮に嫁がせるしかないと考え、明石中宮に根回しをし、婚儀は8月と決まった。匂の宮は心配をかけまいと中の君には何も話さなかった、噂は中の君の耳に入り、やはりこうなる運命だったのかと落胆、宇治の山荘で一人生きていたほうがよかったと悔やむ。薫も中の君に同情した。

 ある日、中の君は宇治恋しさに薫に手紙を書いた。二条院にやって来た薫に、中の君は「一度宇治に連れていってほしい」とせがむ。薫は簾(すだれ)の下から中の君の袖を捉え、日ごろの想いを伝えた。しかし、中の君が身重であるのに気づき、これ以上の振る舞いはできないと思い退出した。久しぶりに二条院に戻った匂の宮は、薫の移り香を女君に感じて疑心を覚えた。

 薫の恋慕に苦しむ中の君は、男の気持ちを逸らすために、自分の腹違いの妹が大君に生き写しだという話を、薫にする。薫は大君の一周忌の法要の打ち合わせのため宇治を訪れた時、弁の君にその女の素性を聞いた。八の宮と上臈の女房(中将の君)との間に生まれたのがその女君であった。母はその後、受領(陸奥守)の妻となり地方に下っていたが、今、娘を伴って上京していたところだった。

 翌春、中の君は男君を産んだ。薫は帝の女二の宮と結婚した。4月、薫は宇治を訪れ、弁の君を訪ねてみると、見慣れない女車が止まっていた。中将の君とその娘(浮舟)が初瀬詣での帰りにちょうど立ち寄っていたのだった。薫は物陰から垣間見た浮舟に心を引かれた。

↑ ページの先頭へ

50.東屋(薫26歳)

 浮舟は大君に生き写しであった。薫は浮舟を引き取りたく思ったが、世間体があって手紙も出すことができずにいた。ただ、弁の君を通じて、彼女の母にはたびたび意向を伝えてはいた。しかし、母は薫の申し出を本気にしてはいなかった。あまりに格差がありすぎるからだ。

 浮舟に言い寄る者は多かったが、中でも左近少将という若者が特に熱心であった。立派な婿をと考える母だったが、受領(陸奥守→常陸守)の娘が望める相手はこのあたりが最上だろうと思い、左近少将との縁談を取り決めた。ところがこの男は、浮舟が常陸守の実子でないと知ると、急に破約して実子の妹娘と結婚させてくれと言い出した。実は左近少将は、常陸守の財産が目当てだったのだ。

 いる場所さえなくなった浮舟を、母は二条院の中の君(浮舟の異母姉)に預けた。ある夕方、匂の宮は偶然、浮舟を見つけ、新参の女房と勘違いして強く言い寄った。浮舟の乳母や中の君の侍女は困惑する。幸い大事には至らなかったが、浮舟の乳母からその話を聞いた母は驚き、これでは不安で仕方ないからと、急いで浮舟を三条の小家に移した。

 秋、宇治の御堂が完成し、薫はさっそく現地に行った。薫は弁の君を訪ね、浮舟のことを聞き、浮舟の居場所までの案内を乞う。時雨が降る夜、薫は三条の小家を訪れ、翌朝、浮舟を車に乗せ、宇治に移し住まわせた。

↑ ページの先頭へ

51.浮舟(薫27歳)

 匂の宮は、あの夕方に出くわした女(浮舟)のことが忘れられず、中の君が隠したのではないかと恨み責めるが、中の君は黙っている。一方、薫は浮舟をうまく囲えたと安心しており、いずれは都に迎えねばと新居の建設を急ぐ。

 正月、中の君に宇治から女文の賀状が届いた。匂の宮は、さてはあの女は宇治にいるのかと思い当たる。その後の調べで、薫が宇治の邸に女人を住まわせているという情報を得る。矢も楯もたまらず匂の宮は薫の留守中に宇治を訪れ、薫を装って浮舟に近づき、抵抗を奪って契りを結んだ。人違いと知っても、浮舟は声すら立てられなかった。

 浮舟は中の君にも申し訳なく、泣くばかりであったが、その後も匂の宮は浮舟を橘小島に誘ったりして愛情を示した。浮舟も、匂の宮の見目麗しさと優しい愛情に次第に心動かされていく。そんなことを露とも知らない薫は、久しぶりに宇治を訪ねた。思い沈む浮舟の姿を見て、ずいぶんと大人びてきたものだといっそう魅力を感じた。

 やがて匂の宮との関係は薫の知るところとなった。薫はこれまで安心していた自分を悔やむと同時に、中の君との仲を仲立ちした恩をこのような形で返され口惜しく思った。匂の宮は浮舟からの返事が絶えたので、急ぎ宇治に赴いたが、薫が配置した警護の武士に阻まれてむなしく帰京した。二人の愛の狭間で進退窮まった浮舟は、死を決意し、母と匂の宮だけに最後の手紙を書いた。

【PR】

↑ ページの先頭へ

52.蜻蛉(薫27歳)

 翌日、浮舟の姿が見えないというので、宇治山荘では大騒ぎとなった。このいきさつを知る女房は、もしや宇治川に身を投げたのではないかと思った。世間体もあるので、その日のうちに遺骸のないまま、ひそかに葬儀を行った。

 そのころ薫は、母女三の宮の病気快癒祈願のため石山寺に参籠していた。ことの次第を聞いてすぐ宇治へ使いを出したが、やはり彼女を宇治においたことが悪かったと後悔、帰京すると部屋に籠って悲嘆に暮れた。匂の宮も正気を失ったような心地で数日を過ごした。薫はねんごろに法要を営んだ。

 蓮の花の盛り、明石の中宮が主催する法華八講が終わった日に、薫は妻の姉である女一の宮の美しい姿を垣間見て、心引かれた。そのあげくに、今は亡き大君・浮舟たちを回想し、自分の軽々しさを内省する。一方、多情な匂の宮は、式部卿宮の忘れ形見の姫君を思い始めていた。

↑ ページの先頭へ

53.手習(薫27~28歳)

 比叡山の横川(よかわ)というところに、一人の高徳の聖(横川僧都)が住んでいた。彼の年老いた母(大尼君)と妹の小野の妹尼が初瀬詣での途中、大尼君が急病になったので、僧都が山から下りてきて世話をした。その夜、弟子の阿闍梨(あざり)が、森かげで倒れている女を発見した。浮舟であった。妹尼は亡き娘の生まれ変わりに違いないと思って、熱心に介抱した。

 大尼君が回復したので、僧都の一行は比叡山の麓の小野に帰った。僧都の祈祷によって正気に戻った浮舟は、自分の身の上を語ることなく、念仏の合間に手習いをして過ごしつつ、尼になることを望んだ。

 その後、妹尼の娘婿の中将が、浮舟に一目ぼれして言い寄ってきた。妹尼もこの縁を喜んだ。浮舟は心底うんざりして、尼たちの不在中、訪れた僧都に懇願して、剃髪した。中将と妹尼はひどく落胆した。

 一方、薫は浮舟の噂を聞き、夢かと驚き、小君(浮舟の弟)を連れ、横川へ出かけた。

↑ ページの先頭へ

54.夢浮橋(薫28歳)

 薫は、比叡山に横川僧都を訪ね、ことの次第を聞いた。そして、浮舟を世話している妹尼の家への案内と、浮舟に逢う手引きとを頼んだ。薫の深い愛情を知った僧都は、浮舟を出家させたことを内心悔やんだものの、仏罰を恐れて聞き入れなかった。

 薫は、仕方なく小君(浮舟の弟)を使いにして、浮舟に手紙をやり、下山を勧めたが、浮舟は小君にも会わず、手紙も受け取らなかった。小君はさびしく帰京した。薫は、誰かが浮舟を囲っているのではないかと疑った。

古典に親しむ

万葉集・竹取物語・枕草子などの原文と現代語訳。

バナースペース

【PR】

薫の略年譜

1歳
源氏と女三の宮の子として生まれるが、実の父は柏木。柏木は他界。
14歳
匂の宮、二条院に住み、薫は母宮の三条宮で成長。
薫、自分の出生に疑念を抱く。
20歳
薫、宇治の八の宮のもとに通い始める。
22歳
薫、八の宮に2人の姫君(大君と中の君)の将来を託される。
薫、出生の秘密を知る。
23歳
八の宮、姫君たちに訓戒を残して死去。
薫、宇治を訪ね、大君に恋情を訴える。
24歳
大君、薫の求愛を拒む。
薫、匂の宮を宇治に伴い、中の君の部屋に誘う。
大君が死去。
25歳
傷心の中の君、二条院に移る。
匂の宮、夕霧の六の宮と結婚。中の宮は憂悶。
中の君、薫に浮舟の話をする。
26歳
中の君、匂の宮の男子出産。
薫、女二の宮と結婚。
薫、宇治で浮舟を垣間見る。
27歳
浮舟、匂の宮と薫との愛情の間で苦悩、自殺を決意し、入水。
人々、浮舟の失踪を悲しむ。
屍のない浮舟の火葬をする。
薫、浮舟の中陰の法要を営む。
横川の僧都の母尼、初瀬詣での帰途に罹病。宇治院に休ませるために下山した僧都は、浮舟を発見、保護して小野山荘に伴う。
僧都、浮舟のことを明石中宮に語る。
浮舟、素性を隠したまま出家。
28歳
明石中宮、浮舟生存のことを薫に伝える。
薫、横川を訪問、僧都に小野への案内を頼む。
翌日、浮舟の弟小君は薫の文を持って小野を訪問。浮舟は逢おうとせず、小君、帰京。

「宇治十帖」の登場人物

●浮舟
 桐壺帝八の宮の庶出の娘。 薫と匂宮に思われ、悩み抜き入水自殺。助かると即、出家した。

●大君
 髭黒と玉鬘の娘。夕霧の二男である蔵人の少将から求愛されるも、玉鬘の意向により冷泉院に入内。

●(宇治の)大君
 八の宮と中将の君の長女。薫に求愛されるが、父の訓戒を守り拒絶。匂の宮との夫婦関係が思わしくない妹・中の君を案じつつ病死。

●薫
 表向きは源氏と女三宮の次男であるが、実父は柏木。恵まれた家柄ながら、その出生への懐疑もあって早くから仏道に関心を寄せる。道心深い宇治の八の宮と親交が厚く、宇治へ通ううち娘の大君を思慕。その死後は中の君、さらに浮舟に思いを寄せる。

●中将の君
 浮舟の母。宇治八の宮の正妻(北の方)の姪であり、叔母に当たる宇治の八の宮の北の方が亡くなった後、八の宮に情けをかけられて浮舟を産む。

●中の君
 髭黒と玉鬘の次女。母の意向で冷泉院に入内した姉に代わり、今上帝に尚侍として入内する。

●(宇治の)中の君
 宇治の八の宮の次女。姉の大君を想う薫の思惑から匂の宮と結婚したが、姉の死後、匂の宮の心移りもあって寂しさを募らせる。薫に、異母姉妹である浮舟の存在を告げる。

●匂の宮
 今上帝の第三皇子。母は明石の中宮。源氏の孫にあたる。道心深い薫とは対照的な人物で、薫と浮舟を争う。

●八の宮
 桐壺院の第八皇子。大君、中の君、浮舟の父。政争に巻き込まれて失脚、以後不運が続き宇治に隠居し、仏道に専心する。薫と親交を深め、娘たちの後見を託す。

●弁の君
 弁の尼とも。宇治の八の宮家の女房。母は柏木の乳母である。かつては母と共に柏木に仕えていた。そのために薫の出生の秘密を知っており、薫が八の宮のもとを訪れた際そのことを語る。

●六の君
 夕霧の六女。母は藤典侍で、落葉の宮の養女。薫との縁談もあったが、匂の宮の正室となる。

「宇治十帖」の作者

「宇治十帖」については、一条兼良の『花鳥余情』、一条冬良の『世諺問答』などが、紫式部の娘である大弐三位が作者であるとしているなど、古くから紫式部が作者ではないとする見解も多い。計量分析においても1957年(昭和32年)の安本美典による論文において、各巻ごとの本文の長さ、個々の文の長さのほか和歌、直喩、声喩、心理描写、色彩語、名詞、用言、助詞、助動詞の出現頻度、品詞の長さの12項目について調べた結果、個々の文の長さと助動詞の出現頻度以外の10項目について偶然では起こりえない違いが存在することから紫式部が作者である可能性が低いとされ、また他の研究者による論文も発表されている。

これに対して、「源氏物語とは異なる作者によることが明かであるが源氏物語の多大な影響の元に成立したと考えられている狭衣物語や手枕といった作品と源氏物語とを上記と同様の計量言語学的手法によって比較したときに算出される差異」は「源氏物語を宇治十帖とその他の部分に分けたものに見いだされる差異」より遙かに大きなものであり、このことから考えると宇治十帖別作者説は成り立たないとする見解も存在する。

~Wikipediaから引用

参考文献

日本の古典をよむ・源氏物語(上・下)
~阿部秋生ほか/小学館

明解 源氏物語五十四帖
~池田弥三郎ほか/淡交社

源氏物語(1~10)
~玉上琢彌/角川ソフィア文庫

新明解古典シリーズ 源氏物語
~桑原博史/三省堂

ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 源氏物語
~角川書店

新訂国語総覧
~京都書房

千年の名文すらすら 源氏物語
~岩佐美代子/小学館

谷崎潤一郎訳 源氏物語
~古典教養文庫

誰も教えてくれなかった『源氏物語』本当の面白さ
~林真理子・山本淳子/小学館

日本の古典をよむ(9) 源氏物語 上 単行本

【PR】

JAL 日本航空

デアゴスティーニ