本文へスキップ

刎頚の交わり

 趙の上卿に任命された藺相如(りんしょうじょ)を、歴戦の勇将・廉頗(れんぱ)はひどく妬んでいました。誰彼かまわず藺相如への不満をぶちまけ、「あの男に出会ったら必ず辱めてやる」と息巻いていました。廉頗は叩き上げの軍人であり、常に戦場で生死を晒しながら秦の侵攻から趙を守ってきた人物です。その実績と自負がある廉頗は、藺相如が弁舌だけの力で自分と同格、更には上位に成り上がったことが気に入りません。また直情径行な廉頗のこと、実際に行動に出ることは想像に難くありませんでした。これを知った藺相如は、廉頗と会わぬように病気と称して屋敷にこもり、宮中への参内も廉頗がいない日を選ぶようにしていました。

 ところがある日、外出した藺相如は道で偶然に廉頗と会いそうになり、すかさず物陰に身を隠しました。その夜、藺相如の従者一同が折り入って話があるとやって来ました。「我々があなたに仕えているのは、あなたの高徳を慕っているからです。しかし、今日のあなたの行いは匹夫でさえも恥じ入るような行いであり、しかも全く恥じる素振りもありません。もはやあなたにお仕えすることはできません」と告げられたのです。

 これを聞いた藺相如は、「お前たちは、秦王と廉頗将軍ではどちらが恐ろしいか」と聞き、従者たちは「もちろん秦王です」と言いました。藺相如は「私はその秦王を叱りつけ、居並ぶ秦の群臣たちを辱めたのだ。この相如、役立たずとはいえ廉頗将軍を恐れるわけがあろうか。思うにあの秦がわが国を攻め切れないでいるのは、私と廉頗将軍の二人が健在だからこそだ。いま私と将軍が戦えばどちらも無傷ではいられない。私がこのような行動をとるのは、個人の諍いよりも国の安全を優先しているからだ」と答えました。

 廉頗と藺相如は共に趙に不可欠な人材であり、それが争っては強国の秦に乗じられる隙を作り、どちらかが失脚すればその侵攻を防げなくなる。藺相如が恐れるのは、二人が会うことで亀裂が決定的になることであり、国の安定のために自らの面子を犠牲にしたというのです。従者たちは、その深い思慮と器量に深く感じ入り、ひたすら低頭しました。

 この話はたちまち宮中でも噂となり、これを聞いた廉頗は心打たれ、自らを恥じて藺相如の屋敷を訪れました。そして藺相如の前に肌脱ぎして座し、背負っていた茨の鞭を差し出して「この卑しき者は、貴方の寛大なお心がここまでのものとは知らなかった。この鞭で好きなだけ打って頂きたい。貴方に今まで与えた屈辱を考えれば、これでも足りようか」と贖罪を請うたのです。

 これに対し藺相如は「何を仰られますか、将軍がいるからこその趙です」と快くこれを許しました。更に感動した廉頗は、「藺相如殿、私は貴方の為ならばこの首を刎ねられても悔いはない」と誓い、藺相如も「私も将軍のためならば、喜んで首を刎ねられましょう」と誓いました。 こうして二人は互いのために頚(首)を刎ねられても悔いはないとする誓いを結びました。これが「刎頸の交わり」「刎頸の友」の故事の由来です。
 
【関連記事】完璧

〜『史記』廉頗・藺相如列伝

藺相如

 藺相如(生没年不詳)は中国の戦国時代末期に活躍した趙の家臣。恵文王に仕え、王が所持する名玉「和氏(かし)の璧(たま)」を秦の昭王が欲しがり、城15と交換するために秦に使したが、昭王の策謀を見抜き、璧を全うして持ち帰ったという「完璧(かんぺき)」の故事、および廉頗(れんぱ)将軍との「刎頸の交わり」の故事で名高い。

目次へ ↑このページの先頭へ