本文へスキップ

オーケストラによる音色の違い

 指揮者によってオーケストラの音が変わってくるように、数あるオーケストラにも独特の音色があってそれぞれに違うのでしょうか。プロの音楽家や評論家、あるいは通(つう)のファンの方だと、たとえばブラインド・テストによっても聴き分けることができるのでしょうか。

 そういえば昔、私にクラシック音楽を教えてくれた同僚に「ウィーン・フィルとベルリン・フィルの音はどう違うのか?」と尋ねたことがあります。彼の答えは「たとえるなら、ウィーン・フィルは演歌、ベルリン・フィルはポピュラー・ミュージック」というものでした。「へー」と返事したものの、実のところは分かったような分からないような・・・・・・。

 一昔前だと、違いの分かる人には、たとえばチェコ・フィルの音はすぐに「あ、これはチェコ・フィルだ」と判別できたそうですし、フィラデルフィア・サウンドなどという呼び方もあったとか。旧ソ連のオーケストラや、アメリカのメジャー・オーケストラなどにも独特の響きがあったそうです。

 ところが今では、ベルリン・フィルにしろウィーン・フィルにしろ、だいぶん個性は薄くなったといわれます。その理由に挙げられているのは、一つには楽器の性能がよくなって均一化されてきたこと、もう一つは、優秀な演奏者がグローバルに、もういろんな国や地域のオーケストラで活躍するようになったからだとされます。また、録音がデジタルになったことも影響しているのではないか、とも。

 こういう現象は、クラシック音楽ファンにとって好ましいことなのかそうでないのか。それぞれに個性があったほうが楽しいという気もします。しかし、かのバーンスタインは「ニューヨーク・フィルの音というのがあってはならない。そこにあるべきは、ハイドンの音、モーツァルトの音だけだ」と語っていたそうです。なるほどです。

世界のオーケストラ:ランキング

1位:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
2位:バイエルン放送交響楽団
3位:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
4位:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
5位:シュターツカペレ・ドレスデン
6位:パリ管弦楽団
7位:シカゴ交響楽団
8位:ロンドン交響楽団
〜『レコード芸術』(2017)から


目次へ ↑このページの先頭へ