本文へスキップ

エージングについて

 オーディオ関係のコミュニティなどでしばしば議論されている、機器類の「エージング」について、諸兄は如何お考えでしょうか。そもそもエージングなど存在しないとして、その必要性を完全否定なさる向きもあります。その理由もいくつか掲げられていて、なるほどと感じる部分も大いにあります。しかしながら、私の体験では、やはりエージングの効果はあるし、必要だと思っています。

 これまでで、とても顕著にそれを感じたのがアンプです。買って間もないころは、ボーカルの「シ」とか「チ」の声が突き刺さるような感じで耳障りでしようがなかったのが、何ヵ月か経つうちに徐々に消えていきましたからね。他の音も含めて随分まろやかになりました。これは耳の慣れとかそういうもんではなく、明らかに分かる変化でしたよ。こういうのは、まさにエージング効果の一つといっていいのではないでしょうか。

 スピーカーも然りです。最初に音出ししたときは、分離が悪くモコモコした音に聴こえて、えらく期待はずれでがっかりしたのですが、これも時間の経過とともに鮮明かつ艶やかな音色に変わってきました。メーカーサイト(YAMAHA)にも「エージングは必要です。内部配線材の音が変化するため、普段ご試聴いただくときの音量で、最低でも3時間(推奨は100時間程度)は行ってください」とあります。

 さらに私は、機器類のみならず、オーディオを聴く「部屋」にもエージング効果はあると思っています。以前、わが家を全面リフォームしまして、新しい部屋で初めて音楽を聴いたとき、スピーカーの音が室内を暴れまくる感じで、どうにも収まりが悪く落ち着かない印象でした。床や壁に防音工事を施し、音響板も貼りつけてもらったにもかかわらずです。しかしこれも、日数の経過とともに、どっしりと落ち着いた感じに変わってきたから驚きです。

 この理由はですねー、例のごとく素人考えで恐縮ですが、壁や床、天井の素材を構成する成分、たとえば分子とか原子とかが、繰り返し音楽の振動を受けているうちに、だんだんこなれてくるからだと思うんですね。そうして部屋自体が音楽に慣れてきて、不自然で妙な共振や響きなどが徐々に収まってくる。室内の調度品などについても同様です。むろん私自身の耳の慣れもあるかもしれませんが、それでも部屋のエージング効果はきっとあると信じています。

良い音=聴き疲れしない音

 オーディオにおける「良い音」とはどんな音をいうのでしょうか。ちょっと理屈っぽくなりますが、「正しい音」と「良い音」は決して同一ではないですね。「正しい音」は議論の余地のない絶対的なもので、すなわち「生音」です。これに対して「良い音」の定義は相対的で、人によって好みや判断もさまざまに異なってきます。

 一般に「良い音」とは、雑音がない(S/N比が影響する)、音にクセや不自然さがない(歪み、周波数特性、ダイナミックレンジ等が影響する)、分解能が高い、などが良い音の条件とされ、さらにステレオ装置の場合は、音像の定位、距離感、臨場感に優れていることが挙げられています。

 他にもいくつかの要素があり、また、それぞれのバランスということもあり、絶対に「これだ!」とはなかなか決められないのでしょう。ただ、私としましては、「良い音」の必須の条件として「聴き疲れしない」というのを加えたく思います。長時間聴き続けても決してイヤにならない。派手で賑やかな音楽であってもうるさいとか耳障りに感じない。「良い音」であればずっと心地よいし、極端なことをいえば大きな音量のなかでも問題なく会話ができる。
 
 これらは多分に主観的・感覚的な判断基準ですし、またS/N比や歪みなどの数値とも重なり合う部分も多いのですが、決してそればかりじゃない、他の要素も同等かそれ以上に大きく影響してきます。機器の設置や配置の状況だったり、部屋の環境だったり、電気の綺麗さだったり、静電気の影響だったり、空気の具合だったり・・・。要は「総合力」で攻めていかなければ決して「良い音」は得られないと思っています。
 


目次へ ↑このページの先頭へ

オーディオ機器の性能がケーブルを超えることはない。換言すると、機器本来の能力はケーブルが握っている。
 
〜カイザーサウンド

目次へ