本文へスキップ

大器晩成

 楚(そ)の荘王は、即位してから三年もの間、法令を発することもせず、全く政務を執ろうともせず、日々、遊蕩をつくすばかりでした。さらには自分を諫める者は死刑にするというお触れまで出したのです。それでもなお王を諫める家臣がありました。大臣の伍挙という人物です。伍挙は、鐘と太鼓の間に座り、左に鄭姫を、右に越女を抱いている荘王に向かってこう言いました。
 
「謎かけをいたしましょう。南方の丘に鳥がとまっています。その鳥は三年もの間、羽ばたきもせず、飛ぶことも鳴くこともしないで、ただ黙って静かにしています。これはいったいどのような鳥でしょうか」

 荘王は答えました。「三年も羽ばたきをしないのは、そうすることで翼をより大きく伸ばそうとしているのだ。飛ぶことも鳴くこともしないのは、そうすることで人々の生き方を観察しようとしているのだ。今は飛ばないが、飛ぶときが来ればきっと天まで昇るだろうし、今は鳴かなくても、鳴くときが来ればきっと人々を驚かすだろう。お前、もうそれ以上言うな。私はちゃんと分かっているから」

 それから半年後、荘王はいよいよ自分で政務を執りはじめました。廃止した事業が10件、新しく始めた事業が9件で、誅罰した大臣が5人、新たに抜擢した在野の士が6人、こうして国はよく治まりました。それから挙兵して斉を討ち、晋をも討ち破って諸侯を宋に集合させ、ついに天下の覇者となったのです。なお、王に諫言した伍挙は重用され、国政に用いられました。
 
 『韓非子』の中で、韓非はこのように言っています。荘王は小善にはお構いなしだった。だからこそ大きな名声をあげられた。早まって能力をひけらかすことをしなかった。だからこそ大きな成果をあげられた。そこで、老子は「大器は晩成、大音は希声(大きな器量はなかなかできあがらない、大きな声はなかなか聞き取れない)」と言っているのだ、と。

〜『韓非子』

苛政は虎よりも猛し

 孔子(こうし)が泰山(たいざん)の麓を通りかかると、一人の婦人が墓の前で悲しげに泣いているのに出会いました。 孔子が弟子の子路(しろ)に事情を尋ねさせると、婦人は答えました。

「私の舅が虎に食われ、つぎに夫もまた食われ、今度は息子まで食われてしまいました。それが悲しくて泣いているのです」

「そんな物騒な土地なら、どうして去らないのですか」

という子路の問いに婦人は答えました。

「でも、ここには他国のような厳しい税の取り立てがないからです」

 これを聞いた孔子は弟子たちに言いました。

「おまえたち、これをよく覚えておきなさい。苛政(かせい)は虎よりも恐ろしいものだと」
 

目次へ ↑このページの先頭へ

三思後行(さんしこうこう)

物事を行うときに、よくよく考えたのちにはじめて実行に移すこと。「三たび思いて後に行う」とも読む。
魯の季文子は非常に慎重で、三度考えたうえではじめて行動するというような人だった。これを聞いた孔子が、「二度熟慮すればそれで十分ではないか」と言ったという故事から。

目次へ