本文へスキップ

ペールギュントの『朝』

 どなたも此方もご存じのはずの超有名な曲、ペール・ギュントの『』。実は私、恥を忍んで申しますと、小学校の音楽でこの曲を習って以降、大人になってクラシック音楽を始めるまでの間ずっと、この曲はペール・ギュントという作曲家がつくった『朝』だと思い込んでおりました。先生がきちんと教えてくれなかったのか、それとも私が先生の話をよく聴いていなかったのか、まーたぶん後者だと思いますけど。

 でも、言い訳になりますが、楽曲で「〇〇の△△」という言い方をするときは、ふつう作曲家と曲名の並びじゃないですか。「グリーグ作曲のペール・ギュントの『朝』」というふうにちゃんと言ってくれなければ不親切というものです。まーそれで何か損したわけじゃないし、具体的に誰かの前で恥をかいたわけじゃありませんが、自分自身がひどく恥ずかしい思いをした次第です。しかし、後になってもっと驚かされたのが、この『朝』がイメージする風景のことです。

 長らくこの曲から思い描いていましたのは、空気が澄んだ静寂な森の木々に朝の光が差し、あちらこちらで可愛らしい小鳥がさえずり始める・・・。あのメロディーから想像するのは、そんな美しく爽やかな自然の風景でした。おそらく多くの皆さまも同じようなイメージを持っておられるのではないでしょうか。ところが、実はこれは「砂漠」の朝だというんです。そんなアホな、って感じ。

 「ペール・ギュント」は、ノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンが1867年に書いた戯曲でして、自由奔放で夢見がちな男・ペールが、一攫千金を夢見て世界へ旅立ち、年老いて帰ってくるまでの冒険物語です。そして『朝(原題は”朝の気分”)』が登場するのは第4幕。長い旅の間に多くの宝物を得て大金持ちになったペールが、朝起きてみると宝物がすべて奪われ、砂漠にただ一人残されていた、そんな最悪な朝を描いた曲なんですって。思っていたのと全く違う。このことは先生は絶対に教えてくれなかったと断言します。でも、美人だったので許します。

 とまれ、『朝』ばかりが有名になった「ペール・ギュント」ですが、全曲を聴いてみると、ほかにも魅力的な曲がいくつもあり、『朝』だけでは決して味わえない独特の雰囲気、世界観に浸ることができます。作曲家名を勘違いしていた私が言うのもアレですけど、まだの方はぜひとも全曲(抜粋盤でもいいです)を聴いてみられることをお勧めいたします。

指揮者!

 クラシック音楽ファンならずとも、オーケストラの指揮者に憧れる人は多いと思います。私もまごうことなくその一人であります。とにかくカッコいいですもんね。しかし、一見、簡単にできそうな気がしますが、実際は誰もができるわけではないようです。評論家の中川右介さんによれば、

 あるテレビ番組で、男性アイドル歌手が「僕も指揮をしてみたい」と言い出して、「じゃあ、どうぞ」となって、伴奏のオーケストラに向かって指揮棒を振ってみたそうです。それらしい動きだったものの、何の音楽的裏付けもなかったためか、オーケストラの団員たちは戸惑い、まったく音が揃いませんでした。楽団員が意地悪をしたわけではなく、彼らとしても、どう音を出していいか分からなかったのです。

 素人でもできそうでいて、できない。それが指揮者の仕事。ただ指揮棒を振っているだけでテンポや強弱などを指示しているようではあるものの、それだけではない。全身からのオーラのようなもので、曲に感情を込め、それが演奏者に伝わり音となって出てくるという、実に次元の高い世界。うーん、ますます憧れます。


目次へ ↑このページの先頭へ