本文へスキップ

『源氏物語』の作者は紫式部ではない?

 紫式部が執筆したとされる『源氏物語』について、その大部分が紫式部の作品であるとしても、一部に別人の手が加わっているのではないかとする説が古くから存在します。

 たとえば『宇治大納言物語』には、『源氏物語』は紫式部の父である藤原為時が大筋を書き、娘の紫式部に細かいところを書かせたとする伝承が記されています。また『河海抄』には、藤原行成が書いた『源氏物語』の写本に藤原道長が書き加えたとする伝承が記され、一条兼良の『花鳥余情』や一条冬良の『世諺問答』などには、宇治十帖が紫式部の娘である大弐三位の作だとする伝承が記されています。

 近代に入ってからも、様々な形で「源氏物語の一部分は紫式部の作ではない」とする説が唱えられてきました。与謝野晶子は、筆致の違いなどから「若菜」以降の全巻が大弐三位の作であるとし、 和辻哲郎は「大部分の作者である紫式部と誰かの加筆」といった形ではなく、「一つの流派を想定するべきではないか」と述べています。戦後になってからは、登場人物の官位の矛盾などから、武田宗俊らによる巻別作者説といったものも現れました。

 なお、作者は紫式部ではないとする説は、その根拠を次のように掲げています。源氏が藤原氏に政争や恋愛に常に勝利する内容となっており、藤原氏側の一員だった紫式部が書いたというのは不自然。作中の妊娠や出産にかかる記述に、女性が書いたにしてはあり得ない矛盾がいくつもある。作中に婦人語と呼べる言葉が全く見られない、等々です。

 まさに侃侃諤諤の様相ですが、一方、これらのさまざまな別作者論に対して、『源氏物語』は紫式部一人で全て書き上げたのではなく別人の手が加わっているとする考え方は、すべて「紫式部ひとりであれほどのものを書き上げられたはずはない」とする女性蔑視?の考え方に基づくものだと批判する立場も現れました。はて、真相はいかに?

『源氏物語』が書かれた当時の読者は?

 紫式部が『源氏物語』を書いた当時は、いったいどんな人たちが読んでいたのか、また、どれくらいの読者がいたのでしょうか。当然、出版社も本屋もない時代ですからね。また、文字が読める人の数も限られていたはずです。

 グーテンベルクが活版印刷術を発明したのは、紫式部が生まれた970年ごろよりはるか後の15世紀です。木版による印刷技術は飛鳥時代からあったものの、それによって印刷されたのは仏典や漢籍に限られ、物語などが印刷されることはありませんでした。ですから『源氏物語』も当時は人の手によって一冊一冊書き写され、写本が回し読みされていました。部数は限られていたでしょうし、みんなで回し読みをしたとしても、読者は多くても数百人にすぎなかったのではないかといいます。

 そんななか、確実に読者だったと考えられるのは、当時の一条天皇とその中宮・彰子(しょうし)、摂政の藤原道長、また当時のインテリの代表、藤原公任あたりです。ライバルの清少納言が読んだかどうかは分かりません。いずれにせよ、のちに国民的ロングセラーとなる『源氏物語』も、執筆された直後は、貴族社会のなかの、しかも紫式部の顔見知りの間でだけ読まれている本だったはずです。むろん庶民は、その存在すら知りませんでした。

 ちなみに、平安時代に書き写された『源氏物語』の初版ともいえる本は、現在まったく残っていません。現存する最古の写本は、鎌倉時代初期に藤原定家によって書き写されたものです。その後も多くの人々によって写本が残されましたが、54帖全部が揃っているものは少ないようです。なお、清少納言は『枕草子』の中で、物語がしばしば劣悪な形に改作されることを嘆いており、この時代には、物語というものは作者が執筆した当初の形がそのまま後世に伝えられるのは稀で、ほとんどの場合は別人によって増補・改作されて伝えられたようです。まー著作権なんてなかった時代ですからね。
 


目次へ ↑このページの先頭へ