本文へスキップ

帰国できなかった阿倍仲麻呂

 唐に留学生を送った国は、日本ばかりではありません。新羅・渤海・吐番(現在のチベット)など東アジア全域に及び、その人数は唐末期の836年当時ですら216人もいたといわれます。日本では遣唐使派遣のたびに十数人の留学生・学問僧が送られましたが、そのなかで歴史に名を残している人はそれほど多くありません。

 学才とうたわれた阿倍仲麻呂は717年の第9次遣唐使に従い、まだ17歳の若さで唐に渡りました。同期の留学生には吉備真備玄昉がおり、2004年に中国で墓誌が発見された井真成も同じ船で唐に渡った人です。当時の唐は玄宗皇帝の時代で、都の長安は国際都市として繁栄をきわめていました。

 仲麻呂は自分の名を朝衡(ちょうこう)と中国風に改め、官吏登用試験の科挙に合格し、唐の官吏としての生活を始めました。玄宗の信任も厚く、官位もどんどん上がっていきました。主に文学分野の役職を務めたことから、李白王維などの詩人との交流もあったようです。

 その彼も、やがて故国に帰りたいと強く願うようになりましたが、皇帝は彼の帰国をなかなか許してくれませんでした。ようやく753年、遣唐使の船で帰国することが許され、その乗船の折に詠んだ望郷の和歌が、有名な次の1首です。

  天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

 中国の教養を身につけた彼は、この和歌を漢訳して見送りの人々を感動させたといいます。しかし、彼が乗った船は、沖縄にまで到着しながら暴風にあい、安南(現在のベトナム)に漂着し、彼の帰国は果たせませんでした。再び中国の官界に復帰した彼は、さらにベトナム地方を治める都護(長官)として活躍しましたが、770年、長安で72歳の生涯を閉じました。後に、その功績から、潞州大都督の官名を贈られました。

井真成の無念

 2004年に、中国の古都・西安で遣唐留学生「井真成(せいしんせい/いのまなり)」の墓誌が発見されました。当時は大きなニュースになり、ずいぶん話題になったものです。その彼が19歳で母国を後にし、彼の地で最新の制度や文化を学び続け、ようやく彼を迎える船が日本を出港したのは16年後でした。しかし、彼は帰国の途につく直前に亡くなってしまったのです。享年36歳でした。

 皇帝(玄宗)は彼の死を悼み、「尚衣奉御(しょういほうぎょ)」の官職を追贈しました。墓に刻まれた文章からは、立派に成長してがんばっていた彼の姿が偲ばれます。望郷の思いを果たせなかった彼の無念はいかばかりか。また、帰国を待ちわびていた家族の哀しみはどれほどのものであったか。あらためて彼の冥福を祈りつつ、墓誌の訳文をご紹介します。
 
―― 姓は井(せい)、通称は真成(しんせい)。国号は日本で、才能は生来すぐれていた。そのため命を受けて遠国から派遣され、中国に馬を走らせやって来た。中国の礼儀教養を身につけ、中国の風俗に同化した。正装して朝廷に立ったなら、並ぶものはなかったに違いない。だから誰が予想しただろう、勉学に励み、まだそれを成し遂げないうちに突然死んでしまうとは。開元二十二年(734年)正月●日に、彼は官舎で亡くなった。三十六歳だった。

 皇帝はこれを悼み、しきたりに則り栄誉をたたえ、詔勅によって尚衣奉御の官職を贈り、葬儀は国費により執り行わせた。その年の二月四日に万年県の原に葬った。夜明けに柩を乗せた車を引いてゆき、葬列は赤いのぼりを立てて哀悼の意を示した。真成は、遠い国にいることを嘆きながら、夕暮れに倒れ、人気(ひとけ)のない郊外の墓で悲しんでいる。

 彼は言う。「死ぬことは天の常道だが、哀しむべきは遠方にあることだ。身体はすでに異国に埋められたが、魂は故郷に帰ることを希(こいねが)う」――


目次へ ↑このページの先頭へ