本文へスキップ

「ありがとう」という言葉の力

 心学研究家の小林正観さんは、20代後半から30代にかけての独身女性からよくこんな質問を受けてきたそうです。

「自分は決して独身主義者でもないし、結婚したくないわけでもない。むしろ結婚したい。それなのに、男性運が悪く、なかなか良縁に恵まれない。どうしたらよいでしょうか」というものです。小林さんの答えはいつも同じでした。まずその女性にこう尋ねます。「男性に食事に誘われたことがありますか?」

 もちろん20代後半から30代の独身女性なら、そういう経験がないという人の方が珍しい。すべての人が「はい」でした。次にこう質問します。「食事のあと、男性が2人分の食事代を払おうとしたとき、『自分の分は自分で払います』と主張しませんでしたか?」

 すると、多くの人が「えっ」と驚いたそうです。「だって、おごってもらう理由がありません」というのが、ほぼ全員の答えでした。「理由がないといけないのですね。おごってもらうと『借り』をつくったような感じになるのではありませんか?」と問うと、「全くそのとおりです。理由もなくおごってもらったら、何となく『借り』ができてしまって、そのあと重苦しくなるではないですか」というのが、”良縁に恵まれない人”全ての、共通する答えでした。

「そこを、これからちょっと変えることにしませんか。どう変えるかというと、2人分を出したい人には素直に出してもらう」と言うと、「それでは『借り』をそのまま背負い続けることになります」と、ほとんどの人が反論します。

 そこで小林さんはこう言います。「出してもらい、外に出てから、本当に心から、『ありがとう』と言うのです。それで貸し借りなし、『ありがとう』の言葉にはすごい力が潜んでいて、その言葉を耳にした人は、細胞が活性化して、すごく元気になり、若々しくなり、体が軽くなるんです。心を込めない『ありがとう』だけでもすごい力があるんですが、心を込めた『ありがとう』は、この世の力とは思えぬほど相手を元気にします」

 小林さんの話を聞き、その後、この「心からの『ありがとう』」を実践した女性たちのすべてが、最長でも1年半以内に婚約し、結婚したそうです。反対に、「でもやっぱり借りをつくるのは嫌」と言った人は、ほとんどが今もなお独身のままですって。

 うーん、そういうもんなんですかねー。でも、「ありがとう」という言葉が持つ力がめちゃくちゃ大きいのは、間違いなく真実だと思いますね。

女性の恋愛は上書き保存?

 男女の恋愛の仕方の違いを表わすフレーズに「女性は上書き保存、男性は名前をつけて新規保存」というのがあるそうですね。女性は新しい恋人ができると、ファイルを上書きするように思いを更新していく。過去の恋人とどれだけ熱烈な恋愛をしていたとしても、新しい恋人ができれば過去をきれいさっぱり清算して、次の恋愛へと全身全霊を傾けることができる。

 一方、男性の場合は、名前をつけて新規保存。昔の恋人はそれ専用のファイル、新しい恋人にはそれ専用のファイル・・・と恋人ごとにファイルが作成されていく。新しい恋人との恋愛にのめり込んでいても、「恋人フォルダ」に保存されたかつてのファイルは決して失われず、思い出はきれいなまま輝き続ける。そして、時としてその輝きが「決して手が届かない過去のもの」として男性を苦しめることがある。
 
 いやいや、ちょっと待ってください。私は男ですからまさにその通りだと実感しますが、女性の恋愛って本当に「上書き保存」なんですか? ファイルは最新のものの1個しかない? そうだとしたら、これは実にショッキングな事実です。うーん・・・・・・。でも、言われたら何となく納得できるような気もしないではない。


目次へ ↑このページの先頭へ