本文へスキップ

がんばった紀氏

 紀氏はもともと紀州の紀ノ川沿いに勢力をもっていた豪族でした。早くから武門の家柄として大和朝廷と結びつき、中央貴族として活躍していました。藤原京と平城京には紀寺という氏寺も残しています。そして、奈良時代の末、紀氏を母とする光仁天皇が即位するころ、紀氏の勢力は最盛期を迎えました。

 ところが、9世紀半ば、藤原氏とのあいだに争いが起きます。文徳天皇の皇太子の座をめぐる争いです。文徳天皇が即位したとき、天皇には4人の皇子がいました。第一皇子の惟喬(これたか)親王の母は紀氏の出身であり、しかも天皇最愛の皇子だったことから、紀氏は惟喬親王が皇太子となるのを大いに期待しました。

 しかし、文徳天皇は生まれて間もない第四皇子・惟仁(これひと)親王を皇太子に決めてしまったのです。惟仁親王の母は藤原良房の娘だったことから、政権独占をねらう良房が文徳天皇に強い圧力をかけたのでした。良房といえば、後に人臣で初めて摂政になった人物です。

 惟仁親王が清和天皇として即位して後は、惟喬親王の伯父だった紀有常は22年間も昇進できませんでした。さらに866年に起きた応天門炎上事件では、藤原氏のライバルの貴族たちが犯人として捕えられ、紀氏の有力者も連座させられました。これによって紀氏は最後の力も失ってしまいます。

 中央政界での出世の望みを絶たれた紀氏は「文学」に生きる道を求めました。905年に出来上がった日本最初の勅撰集『古今和歌集』の選者には、紀貫之紀友則が名を連ねています。また撰集された歌の2割が紀氏一門によるものでした。転んでもただでは起きない、そんな紀氏のがんばりだったのではないでしょうか。

『君が代』の歴史

 かの大指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンがかつて「世界の国歌のなかで最も荘厳な曲」と評したわが国の『君が代』。世界でもっとも短い歌詞の国歌とされ、その原型は、最初の勅撰和歌集である『古今和歌集』に「わが君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」とあり、また、平安中期に藤原公任の撰による『和漢朗詠集』には今日の形で、いずれもよみ人知らずの歌として載っています。

 「さざれ石の巌となりて苔のむすまで」というのは、「小石が成長して大きな岩となり、それに苔がはえるまで」の意で、この和歌は、江戸時代までずっと、祝福を受ける人の長寿を祝うものとして、謡曲・神楽歌・地歌・長唄などに引用されていました。1870年に薩摩藩の洋風軍楽隊が「天皇に対し奉る礼式曲」として、琵琶歌『蓬莱山』から歌詞をとって、イギリス人の軍楽隊教師に作曲させましたが、76年には廃止されました。

 これとは別に、文部省が同じ歌詞に曲をつけて『小学唱歌集』に採録したものの、あまり歌われませんでした。そこであらためて宮内省の雅楽課に作曲を依頼、宮内省では楽師から作曲を募った結果、伶人長・林広守の曲が選ばれました。1880年に宮中の天長節御宴の際に吹奏楽で発表され、吹奏譜は88年に「大日本礼式」として各条約国に送られました。

 戦後に、『君が代』は「荘重すぎて大衆が歌うには適さない」などの理由から、進歩的な論者たちから廃止論が出たことがあり、また「天皇崇拝」「戦争賛美」の歌だとして忌避し、今でも子どもたちには決して歌わせないという教師もいるようです。しかし、最近ではむしろ若者の間で支持する人が増えているといいます。


目次へ ↑このページの先頭へ