本文へスキップ

ビジネスマンへの名言集

先頭ページへ

  • 食って、寝て、嫌なことは忘れることが一番。

    ~田中角栄

  • 休日出勤してまで、ガムシャラに仕事をしようとする人間より、休暇をきちんと取り、余暇をエンジョイする人間のほうを私は評価する。長い目で見た場合、そういう人間のほうが必ず伸びるからだ。

    ~稲盛和夫

  • 人から忠告を受けたら、彼の中に天の声、天の意思があると思いなさい。

    ~マーフィー

  • 学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、よりいっそう学びたくなる。

    ~アインシュタイン

  • 汝(なんじ)の敵には軽蔑すべき敵を選ぶな。汝の敵について誇りを感じなければならない。

    ~ニーチェ

  • 運の良さというのは実力の一部でね。運がいいだけのような人物に見えても、実はその運を掴むためには、いろいろと日頃の修練をしているものです。 
    逆に運の悪さというのは、一度ならまだしも、二度三度となると、どこか欠陥があるものです。他人に対しては、「あの人は運が悪いから」と同情してもいいけれども、自らに対しては「なぜツキがないか」を検証する姿勢が必要ですね。

    ~堺屋太一

  • 失敗の経験がない人間というのは概して目標が低い。バーが低すぎることをやってもチャレンジにはならない。低いバーを飛び越して作った製品には競争力がない。高いバーを越えるときには必ず失敗があるが、その失敗は後で生きてくる。

    ~三菱電機社長・北岡隆

  • その頃、パソコン業界はリーダー不在だった。チャンスだ。僕らが行かなくてどうすると思いましたね。

    ~ビル・ゲイツ

  • (周りに)驚かれているならまだまだ。驚かれないようになりたい。

    ~イチロー選手

  • 管理を必要とするのは「物」だけである。部下は指導を必要とする。

    ~キングスレイ・ウォード

  • 「仕事をずっとやっていると、仕事の効率がいい人とか頭がいい人とかいうよりも、一生懸命さのある人と組んだほうが何よりもほんとうにいい仕事をできる、と分かってきます。
    真剣にやっている人の仕事は、たとえ未熟だとしても気持ちがいいし、やはり、一目おく価値があります」

    ~ある音楽プロデューサー

  • 自分の実力以下の地位につくと大人物に見えるが、自分の実力以上の地位につくと、しばしば小人物に見えてしまう。

    ~ラ・ロシェフーコー

  • 説き伏せるには大胆な人を、説き進めるには話のうまい人を、調査や観察には巧妙な人を、おいそれとは片づかない仕事には強情な一筋縄では行かない人間を用いるのがよい。

    ~フランシス・ベーコン

  • 営業はうまい下手じゃない。お客さんは、われわれの心を見ているんだ。本当にこの人は自信をもって、住宅をすすめているのかどうか。それに合格すれば、われわれの仕事は半分済んだも同然だ。

    ~あるハウスメーカーの支店長さんの言葉

  • 日本のビジネスマンや官僚が誰かを紹介するとき決まって口に出るのは、出身校がどこか、ということだ。ただ、これは日本に限ったことではない。フランスでは、特定の三、四大学の卒業生でないと、まず絶対に政府系の職に就けない。イギリスも同じだ。我々は日本という国は異質だと考えるが、実は違う。アメリカのほうが例外的存在だ。日本とヨーロッパのやり方が世界のルールなのだ。

    ~ピーター・ドラッガー

  • 会社を一歩出てお客さまの前に立ったら、上司がいようといまいと同じなんだ。後ろを振り向くな。

    ~オリンパス工業のある営業部長さんの言葉

  • 英雄とは己(おのれ)のできることをなした人である。だが、凡人はそのできることをせずに、できもしないことを望んでばかりいる。

    ~ロマン・ロラン

  • 百人中百人にほめられるような人間はろくな奴ではない。それは信賞必罰を行わせたら絶対に実行できないからだ。つまり万人にほめられるような人間は、みんなからよく思われようとばかり考えるから、苦いことを言わない。

    ~毛利元就

  • 人事異動は一般に言われているほど不公平とは思われない。その証拠に、自分の人事異動を不公平だと言う人は多くても、他人の人事異動を不公平だと言う人は多くない。

    ~堀田力

  • 営業マンは、「あの男の声を聞かんと寂しい」と言われるくらいでなければアカン。

    ~光世証券社長・巽吾朗

  • ある人を尊敬できるかどうか、それを判断するための基準は、いくつかあるでしょう。
    しかし、私の見るところ、誰かを人間として立派であると認める場合、いちばん大切な条件は、その人物の生き方が毅然としていることではないでしょうか。つまり、気持ちの奥底に、昂然とした、気概、を持している姿勢です。

    ~谷沢永一

  • 語るべきときに黙し、黙すべきときに語る。これは二つながら知性の恥である。

    ~サアディー

  • 仕事を追え、仕事に追われるな。

    ~フランクリン

  • まず得意先が困っていることを聞き、一緒になって考えてあげることですね。難しいときほど、人はしゃべりたいものです。それを聞かなきゃ自分の思いも伝わらないし、商売なんてできません。

    ~サッポロビールのある支店長さんの言葉

  • 決して誤ることのないのは、何事もなさない者ばかりである。

    ~ロマン・ロラン

  • 人間の能力で最後に問われるのは、集中力です。

    ~谷沢永一

  • およそ成功の岐(わか)るる所は僅かに一歩の差である。一歩先んじて進む者は成功し、後(おく)るる者は不遇をかこつ。故に人は常に機を見るに敏(びん)なることを要する。

    ~織田作之助

  • 世の中で成功を勝ち取るには、人から愛される徳とともに、人を恐れさせる欠点も必要である。

    ~ジョセフ・ジュベール

  • 人々が機嫌よく働くためには次の三つが必要だ。その仕事に向いていること、働きすぎないこと、そして、やればうまくいくと感じていることだ。

    ~ジョン・ラスキン

  • あまりうちとけ過ぎる人間は尊敬を失いますし、気やすい人間は馬鹿にされますし、むやみに熱意を見せる人間はいい食いものにされます。

    ~バルザック

  • うわべを飾るな。要領よしはすぐ化けの皮をはがされる。力を抜いている青年には魅力を感じない。少々失敗しても怖れることのない、若者らしく明朗に、体ごと仕事にぶつかる人間のほうが好かれるし、頼もしい。

    ~滝田実

  • どういう理由があろうと、人目のあるところで、課長が他の課長を殴るなどという会社があれば、取引先や出入りの人たちの不信を買うだけでなく、会社の空気がおかしいということになり、その会社は間違いなく倒産することになるであろう。

    ~城山三郎

  • 深く悲しむ人ほど強く喜ぶことができる。たくさん涙を流した人ほど、大いに笑うことができるのです。

    ~五木寛之

  • あらゆる堕落の中で、もっとも軽蔑すべきものは、他人の首にぶら下がることだ。

    ~ドストエフスキー

  • 人間というのは、自分というものをある程度高く評価し、そして朗らかであるという人物がいちばんいいと思います。
    逆に、頭を下げてばかりの人間というのは、見ていてどうしようもなく嫌らしい。

    ~谷沢永一

  • 女性社員に人気がない上司は、ただ女性に人気がなくなるだけではなく、男性の部下にも人気がなくなります。

    ~中谷彰宏

  • トップの営業マンは、いつももっと売りたいと思っています。どんな組織も同じですが、稼ぎの半分以上は二割の人間が挙げている。六割はトントンで、残りの二割は足を引っ張っている。

    ~扇子忠

  • 初心を忘れないことっていうのは大事ですが、初心でプレイをしていてはいけないんです。成長した自分がそこにいて、その気持ちでプレイしなくてはいけない。

    ~イチロー選手

  • 社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。

    ~三洋電機 後藤清一

  • 百円の切符が九十八円で買えないことは、五円で買えないのと同じである。物事は最後の数パーセントで勝敗が決する。

    ~森信三

  • 氷山の一角を見せるためには、ちゃんと海面下の氷山がないといけません。日ごろどういう本を読んでいるか、忙しい中、時間を割いてどういうことをしているかにかかってくるわけです。

    ~中谷彰宏

  • いやいや、多忙は幸福です。多忙な人間は多望な人間、つまり希望の多い人間ということだから。

    ~城山三郎

  • 名声は高くても失敗した人の助言や援助は受けるな。著名でなくても成功者の助言や援助を求めよ。

    ~城山三郎

  • 世の中でいちばん恐ろしいのは、自分よりも劣る者しか友だちにしない人間であり、こういう人間は絶望的に成長しないだろうと思います。

    ~谷沢永一

  • コツコツと努力を重ねてきた人間が、ある一瞬に最高の力を発揮する。そのとき僕たちは、「人間って何て素晴らしいんだろう、しかも自分もその素晴らしい人間の一員なんだ」と瞠目する。感動するんです。

    ~井上ひさし

  • ソニーの井深大さんね。たいへん立派な人だと思うけど、井深さんの東通工(ソニーの前身)がああいうふうに伸びたのは、技術がよかったのはもちろんだろうが、もう一つ、井深さんの姿勢がよかったと思うんです。というのは、あの方は、お父さんを小さいときに亡くしている。そのために、お父さんの年代の人は、すべて自分の父親に見えたというんです。だから、いつも自分の父親みたいに、誰にもなついていた。そうすると、相手も親身になって面倒見てくれて・・・・・・。つまりあの人は、一人の父親はいなかったけど、十人、百人の父親がいたというわけ。あそこは、かなり小さな会社だったときから、政財界のリーダーたちに可愛がられた企業だけど、それは、井深さんのそういう姿勢の賜(たまもの)だと思うなあ。

    ~城山三郎

  • 無駄な能力を持っている子は、仕事にどっぷり浸かれない。苦しくなったら他を見ます。能力のない子は苦しくても一つの仕事しか見られない。それが、楽しいことなんだ。

    ~小川三夫(宮大工)

  • 上司に対して口ごたえをしたり、意見をバンバンぶつけてくる部下は、確実に伸びます。そういう部下を抱えている上司も、必ず伸びていきます。

    ~中谷彰宏

  • 負けることがいけないのではない。負けて、人間までダメになることがいけないのだ。

    ~中谷彰宏

  • 忙しくしているからと言って、本当に仕事をしているとは言えない。すべての仕事の目的が実施され、あるいは達成されるには、展望、組織、計画、思考、正しい目的、そして汗をかくことなどがなければならない。ただ仕事をしているように見えるだけでは、何もしていないのと同じだ。

    ~エジソン

  • 人はすべからく、終生の師をもつべし。
    真に卓越せる師をもつ人は、終生道を求めて歩きつづける。
    その状あたかも、北斗星を望んで航行する船の如し。

    ~森信三

  • 性欲の萎えた人間に偉大な仕事はできない。
    それと共に、みだりに性欲を漏らす者にも大きな仕事はできぬ。

    ~森信三

  • あまりにも、大きさに対する憧れや、強さに対する憧れが大き過ぎて、自分の可能性をつぶしてしまっている人がたくさんいる。そうではなくて、自分自身の持っている能力を生かすこと、それが可能性を広げることにもつながるんです。

    ~イチロー選手

  • 人生の目標を達成するためには、すでに達成しているようにふるまいなさい。
    あなたはよい結果を手にしたことを想像しなさい。
    気分はもう高揚し、満足し、そして喜んでいる。
    こうした歓喜の気持ちを持ち続けていると、願望は実現することになる。

    ~グレース・スピア

  • ありがとうという言葉って、言われた人よりも、言う人のほうがうれしいんです。

    ~岡田賢一郎(レストラン経営者)

  • 一、礼を正し
    二、場を浄め
    三、時を守る
    これ現実界における再建の三大原理にして、いかなる時・処にも当てはまるべし。

    ~森信三

  • 仕事は一気呵成にやりぬくに限る。もし一度には仕上がらず、どうしても一度中断せねばならぬ場合には、半ばを超えて六割辺までこぎつけておくこと。これ仕事をやりぬく秘訣である。

    ~森信三

  • 一、腰骨を立て
    二、アゴを引き
    三、つねに下腹の力を抜かぬこと
    同時にこの第三が守れたら、ある意味では達人の境といえよう。

    ~森信三

  • それぞれのケースで、それぞれの顔を発揮し、みんなの力を引き出していくのが理想です。

    ~住友生命 上山保彦

  • 読書は両面あって、一つは、すごく読書する人間は、やっぱり伸びる力を持つということです。今は情報時代というけど、ほとんどのビジネスマンは情報に流されているんです。彼はその情報の部品になっている。読書していると、逆に情報を部品として使いこなせるんです。読書する人間は信頼できるということが一つ。

    ~城山三郎

  • ヒットを打ち、活躍することが基盤になるんですが、チームの一員になるためには、尊敬や友情など、プラスアルファが必要です。

    ~イチロー選手

  • 男の40代、50代には、勝負してほしい時期があるんです。
    そのとき仮に失敗しても、家族、部下、お客さんと、応援団はいっぱいいると思います。

    ~ブレーン・サービス社長 荒和雄

  • 美術品の場合、倦きがこないということが良否の基準となる。つまり倦きがこないとは、作品に人為の計らいがないせいで、それだけ天に通じる趣きがあるといえよう。同時にこれは、ひとり芸術品だけでなく、人間一般にも通じることでしょう。

    ~森信三

  • キレイごとの好きな人は、とかく実践力に欠けやすい。
    けだし実践とはキレイごとだけではすまず、どこか野暮ったく、泥くさい処を免れぬものだからです。

    ~森信三

  • 一生の間に女房をどれだけ喜ばせることができたかは、いわば男の勲章です。
    世の中でどれだけ見事な仕事をし、ほめたたえられようと、女房を不満に陥れ、不幸な思いをさせている男は、人間として生きた甲斐がありません。

    ~谷沢永一

  • 土曜半日、日曜だけでもよい。フラフラと生活からさまよい出てみよう。
    何の目的もない、何もしない「無為」はきわめて生産的なのである。心の回復剤なのである。

    ~中沢正夫(精神科医)

  • 人は退職後の生き方こそ、その人の真価だといってよい。
    退職後は、在職中の三倍ないし五倍の緊張をもって、晩年の人生と取り組まねばならぬ。

    ~森信三

  • 男はスーツさえ似合えばそれでいいんだよ。

    ~甲賀正治(スクープ社長)

  • 積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ。

    ~ビル・ゲイツ

  • 人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。

    ~アインシュタイン

  • 仕事というのは、やめなければ本物になる。続ければ、必ずものになる。

    ~飯田亮

  • 時間を無駄にせずに、予定を立てて行動すること。ただし、予定表をすべて埋めてはいけない。それでは独創力が死んでしまう。

    ~ニコラス・ハイエック

  • 毎日毎日「勝ちたい」という気持ちで出社しなければならない。

    ~ビル・ゲイツ

  • 7割の勝算があれば戦います。

    ~孫正義

  • 人を動かす原動力は、ただ一つ。公平無私。

    ~稲森和夫

バナースペース

ビル・ゲイツの言葉

◆積極的に考え、積極的に行動する人ほど、積極的に遊び、積極的に心身を癒している。つまり、仕事が充実している人間ほど余暇も充実しているということだ。
 
◆自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。
 
◆人生は公平ではない。そのことに慣れよう。
 
◆満点をとったことは自慢にならないよ。本当に大切なのは知識を丸暗記したり、教えられたとおりのことを答案に書くことではなくて、先を見る洞察力だ。
 
◆私は教える人間ではない。学ぶ人間だ。学ぶことが大好きな人たちと一緒に仕事ができることをとても気に入っている。
 
◆必要なのは強力なチームだ。なぜなら、どんなに良く管理されようと、平凡なチームからは平凡な結果しか生まれないからだ。
 
◆自分が出したアイデアを、少なくとも一回は人に笑われるようでなければ、独創的な発想をしているとは言えない。
 
◆人類史上の進歩のほとんどは、不可能を受け入れなかった人々によって達成された。
 
◆子供のころからたくさん本を読んで自分でものを考えろと言われて育った。両親は、本や政治や、その他いろいろなことについて、子供たちを交えて話し合った。
 
◆あなたの顧客の中で一番不満をもっている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ。
 
◆私は起業家という言葉をいつも拒否してきた。「会社を始めよう、何の会社にしようか」では決して成功はないと思う。
 
◆難しい仕事があるとき、私は怠け者に任せる。だって怠け者は、仕事を簡単に片づける方法を見つけ出すからね。
 
◆成功の秘訣? それは大きなビジョンが持てるかどうかだよ。
 
◆最初から、我々の目標は「すべての机と、すべての家庭にコンピュータを」だった。
 
◆ノートパソコンの素晴らしいところは、どれだけ詰め込んでも、大きくなったり、重くなったりしないことだ。

イイ男の条件

男に惚れられるような男でなければ、女には惚れられない。
 
イイ男は、言葉より、表情を持っている。
 
イイ男は、決して自慢しない。自分を大きく見せようとしない。
 
イイ男はキスを大切にする。キス・シーンはベッド・シーンよりある意味熱い。
 
セックスを哀願してはならない。ただし、諦めない気迫を失ってはならない。また、下心が見えないと信用もされない。
 
イイ男は、孤独を楽しむ。
 
イイ男は、元彼のことを聞いたりしない。
 
イイ男は、女性の「ノー」に動じない。
 
イイ男には、いい親友がいる。
 
行動を起こし、誘うのは男の役割。ただし、最終決定権は女に委ねる。
 
イイ男は、口の軽い女とは浮気しない。
 
イイ男は、苦労の跡を見せない。
 
イイ男は、時計など気にしない。
 
イイ男は、つねに物事をよい方向に考える。
 
イイ男は、「ありがとう」をさりげなく言える。
 
イイ男は、女性に「演じる」楽しみを与える。
 
イイ男は、全てに愛情を注ぐ。
 
イイ男は、シンプルである。物事は単純に考える。出来事は単純にとらえる。行動もシンプルに。
 
イイ男は潔い。
 
イイ男は清潔で、質素である。
 
イイ男は、周りを蘇生し明るく楽しくさせる。カラオケでも場づくりがうまい。
 
イイ男は、女に一人きりの時間を与える。
 
イイ男は、自分の下ネタも堂々と話せる。
 
イイ男は、常にあらゆるものから学んでいる。
 
イイ男は、相手の存在を否定しない。
 
イイ男は、小さな口約束を守る。ベッドで話したことを忘れない。
 
イイ男は、相手の女性をどんどんイイ女にしていく。
 
イイ男は、寡黙である。
 
イイ男は、どうしたらモテるかなんて考えない。

皆さまのお仕事が
うまくいきますように
皆さまのお給料が
うんと増えますように
皆さまが
出世できますように