名作のあらすじ〜古典文学

日本文学外国文学童話

名作のあらすじ〜古典文学  

古典文学

古事記 〜太安万侶

 古くは「フルコトブミ」と読まれていたといわれる。構成は、「序」を巻頭に上中下3巻からなり、「序」には成立事情と、和銅4年(711年)に太安万侶が元明天皇の命により稗田阿礼の誦み習うところを筆録し、天皇に献上した旨が記されている。

【上巻】
 高天原(たかまがはら)に現れた三神の話から始まり、神々の系譜をたどって、伊邪那岐(イザナギ)、伊邪那美(イザナミ)の男女二神が出現。天の沼矛(ぬぼこ)で柔らかい国土をかきまわし、矛先から垂れた塩が積もってできたオノコロ島に下って結婚する。

 二神は次々に島を生み神々を生むが、最後に火の神を生んだので、イザナミは焼かれて死んでしまう。イザナギは黄泉国(よみのくに)へイザナミを訪ねて行くが、醜く変わり果てたイザナミの体を見て逃げ帰り、けがれを祓うため禊(みそ)ぎ祓いをする。そのとき天照大御(アマテラスオオミカミ)神、月読命(ツクヨミノミコト)、須佐之男命(スサノオノミコト)が誕生する。

 スサノオノミコトは、イザナギの命令に従わないので追放される。姉のアマテラスオオミカミをたよって高天原に来た彼があまりに乱暴するので怒った姉は、天の岩屋戸に隠れてしまう。八百万(やおよろず)の神々が相談し、天宇受売命(アメノウズメノミコト)の裸の踊りで、岩屋戸は開く。スサノオノミコトは高天原からも追放される。

 このあと出雲に下ったスサノオノミコトによる、肥の河での八股大蛇(ヤマタノオロチ)退治、スサノオノミコトの子孫である大国主命(オオクニヌシノミコト)の恋愛事件と、稲羽の兎の話があり、いわゆる天孫降臨および国譲りをへて、海幸彦、山幸彦の話にいたる。

【中巻】
 初代神武天皇から第15代応神天皇までの時代。神武天皇の東征から始まり、皇位継承の順序に従って、天皇に関する記録が配列されている。その間に神話や伝説、歌物語が挿入される。主な事件として、神社の設置、四道将軍の派遣、税の制定、倭建命(ヤマトタケルノミコト)の諸国平定の武勲物語およびその悲劇的な死。さらに地方区分の制定と県主の設置、神功(じんぐう)皇后の外征、応神天皇時代の百済の入貢などがある。

 なお、第2代から9代までは欠史八代とよばれ、系譜などの記録にとどまり、説話などは記載されていない。そのため、この8人の天皇は後世に追加された架空の存在であるとする説があるが、実在説もある。

【下巻】
 仁徳天皇から推古天皇までの時代。まず仁徳天皇時代の賦役免除の話、氏姓の整備、雄略天皇のところでは、美しい古代歌謡が記録されている。なお、第24代仁賢天皇から第33代推古天皇までは欠史十代ともいわれ、欠史八代と同じく系譜などの記録にとどまるが、こちらは、書かれた当時においては時代が近く自明のことなので書かれなかったのではないかとされる。

 『古事記』は、大和朝廷の政治的立場が安定した時期に、その権威をさらに確立するために編纂された。神話、伝説、天皇家や豪族の家々に伝わる伝承史実などをもとに作成されたので、科学的根拠は薄い。

 なお、『古事記』とならんで編纂された『日本書紀』は、舎人親王以下太安万侶も編纂に当たり、養老4年(720年)5月に献上された。『古事記』と比べると、歴史書として史料重視の立場に立ち、異なった伝承のあるときは、「一書に曰く」として幾通りも併記されている。

竹取物語 〜作者不詳

 野山で竹を取って生活している竹取の翁が、ある日、根元が光る竹を見つけた。その中に10センチほどの美しい女の子を見つけ、連れて帰って育てることにした。それ以来、翁は黄金が詰まった竹をたびたび見つけるようになり、家は富み栄えた。女の子は3か月ほどで成長し、光り輝くほどに美しくなったので、「なよ竹のかぐや姫」と名づけられた。

 姫の美しさはたちまち評判になり、多くの男が求婚にやって来たが、いずれも拒絶されてしまう。しかし、なかでも熱心な5人の貴公子は、冬の寒さにも、夏の暑さにもめげず通ってきた。石作りの皇子、庫持の皇子、右大臣阿倍御主人、大納言大伴御行、中納言石上麻呂の5人である。

 竹取の翁は5人の熱意をくみ、姫を説得して、彼らの中から一人を選ぶように勧めた。姫は、自分の要求するものを持ってきてくれた人の意に従うと約束する。石作りの皇子には「仏の御石の鉢」、庫持の皇子には「蓬莱(ほうらい)の玉の枝」、右大臣阿倍御主人には「火鼠のかわごろも」、大伴の大納言は「竜の首の玉」、中納言石上麻呂は「燕の産んだ子安貝」を、それぞれ所望される。

 5人の貴公子は、おのおのの才覚・財力・権力を用いていろいろ画策するが、いずれも失敗に終わった。そして、かぐや姫のうわさを聞いた帝も心を寄せるが、彼女がただならぬ人であると知り、連れて帰るのを断念する。

 それから3年ほど過ぎた。姫は月を見て物思いに沈むようになった。心配した竹取の翁は、しつこく事情の説明を求める。8月15日が近づき、姫は、自分はもともと月世界の人間であり、十五夜には迎えが来て、月に帰らねばならぬことを告白する。

 翁は帝に訴え出て、2000人の軍勢で姫の昇天を阻止しようとするが、天人の前には無力であった。姫は天人の持ってきた不死の薬を残して月世界へと去っていく。帝は、姫のいないこの世では不死の薬も無用と、天に一番近い駿河の山の頂上で焼かせてしまった。それ以来、その山は不死(富士)の山と呼ばれ、また、山から上る煙は絶えなかったという。

源氏物語 〜紫式部

 家柄も身分もそれほど高くなかった一人の更衣(こうい)が、帝に愛され玉のような男子(光源氏)を生むが、周囲に嫉妬されて亡くなった。臣籍に降下した光源氏は、美貌と才能に恵まれ、多くの女性と交渉を持ち、しだいに栄華の道を歩む。光源氏出生を記す巻一「桐壷」から39歳で栄華の頂点に達する巻三十三「藤裏葉(ふじのうらば)」までを第一部、これをさらに紫上(むらさきのうえ)を中心とする物語、玉蔓(たまかずら)中心の物語の甲、乙に分ける考え方もある。

 第二部は、光源氏40歳以降の凋落期へ話が進む。理想の女性紫上との水も漏らさぬ間柄も、先帝朱雀院に末娘女三宮(おんなさんのみや)の後事を託されることによって、しだいに亀裂が生じてくる。光源氏の正妻となった女三宮はやがて、前から自分にあこがれていた柏木と通じてしまう。これを知った光源氏は、若いころ自分が父の思い人藤壺と契ったことを思い起こし、罪の報いに身震いする。

 光源氏に皮肉な言葉を浴びせられた柏木は病死し、女三宮は男子を出産するが、ほどなく出家してしまう。光源氏は我が子ならぬ子を抱くが、愛情が湧いてこなかった。やがて病気がちだった最愛の紫上も死に、落莫の思いに閉ざされた光源氏は出家の用意をする。以上が巻三十四「若葉上」から巻四十一「幻」までの8帖で、このあと巻名のみ伝えられる「雲隠」の巻で光源氏の死が暗示される。

 第三部の巻四十五「橋姫」から最終帖「夢浮橋」はいわゆる「宇治十帖」である。光源氏亡きあと、女三宮の子薫は、仏道と恋愛のいずれにも没頭できない優柔不断な面がある一方、篤実な魂を持つ男として描かれる。「夢浮橋」は「男女の仲」というほどの意であり、さまざまな男女関係を記し、その深さ、重さ、人間存在の深淵にまでたどりつく『源氏物語』の終章にふさわしいタイトルとなっている。

平家物語 〜作者不詳

 平家は、桓武天皇の第5皇子から臣下にくだった名門だったが、藤原氏全盛の時代は、中央に重きをなしていなかった。清盛の父忠盛のとき、鳥羽上皇に初めて昇殿を許され、宮廷社会に地歩を築く。清盛の時代になると、保元、平治の乱で功を認められ、太政大臣従一位にあがり、一躍位人臣をきわめるようになった。

 繁栄はその一門におよび、公卿16人、殿上人30余人、平家の知行30余カ国で、日本66カ国の半ばを占めた。「此一門にあらざらむ人は皆人非人なるべし」といわれ、清盛の栄華は絶頂に達した。清盛はやがて世を世とも思わぬ悪行の限りを尽くすようになり、反平家の動きが現れはじめる。

 俊寛僧都を含む鹿ケ谷(ししがたに)の陰謀もその一つ。清盛はこの陰謀に後白河法皇が加担しているのを知り、法皇を幽閉しようとするが、長男重盛のいさめで思いとどまる。しかし、重盛が死ぬと、法皇を閉じ込め、3歳の安徳天皇をたてる。諸国の源氏は勢力を挽回しつつあり、関東では頼朝が挙兵、討伐に向かった平家の軍勢は富士川の合戦で水鳥の音に驚いて敗走する。

 そうした情勢のなか、清盛は熱病にかかり悶死。「頼朝の首をはねて、わが墓の前におくべし」との遺言だった。東海道を攻めのぼる頼朝勢と同時に木曾義仲も京をめざし、火牛の計によって平家の大軍を倶利伽羅峠(くりからとうげ)で討ち破る。しかし、京にはいった義仲軍は乱暴狼藉のために人望を失ってしまう。このとき義経を大将とする頼朝の軍は京に迫っていた。

 義仲は賊軍となり、宇治川の戦いに敗れて壊滅。源氏はこのあと平家を西へ西へと追い詰めていく。一の谷の合戦、屋島の合戦、そして長門の壇の浦へと義経の活躍が続く。平忠度が藤原俊成に和歌を託す話、熊谷直実に打ち取られた平敦盛の最期の話なども挿入されている。

 平家の最期は壇の浦。二位の尼に抱かれた安徳天皇が海中に没して、一門の大半はここで自決。捕えられた者もみな処刑された。義経は鎌倉に向かうが、頼朝の不興にあい、対面ならずに京に帰り、やがて奥州藤原氏をたよって逃れ、衣川館(ころもがわのたて)で最期を迎える。また、壇の浦で入水したが捕えられた建礼門院(清盛の娘で安徳天皇の生母)は、出家して大原の里で美しい往生を遂げる。

折たく柴の木 〜新井白石

 日本最初といわれる自叙伝で、著者は江戸時代中期の旗本・政治家・学者である新井白石。彼がこの自伝を書き始めたのは59歳のときで、68歳で亡くなる数年前まで書き続けたとされる。執筆の動機は、「自分の祖父の時代のことさえはっきりとした記録がない。まして自分の時代についても後世には不明なことが多くなるだろう、せめて自分の生きている間に記録として残しておきたい」というものだった(序文から)。学者としての義務感によるものだったか。

 『折たく柴の木』は上・中・下の3巻からなり、上巻には自身の生い立ちや身内のことが中心になっているが、中、下巻は将軍家ならびに幕府関係の業績、記録などを中心に記述している。寒中、眠気をもよおしてくると水をかぶって読書を続けたというエピソードもある秀才白石は、貧しい武士の子だったが、幼いころから学者をめざしていた。

 6歳のときに、教養のある人から、「この子には文才がある」と誉められたものの、周囲の老人たちから、「利根(才能)、気根(根性)、黄金(資金)の三ごんがなければ学者として大成できない」と言われ不安になったという話も載っている。

 また、元禄16年(1703年)、江戸と東海地方を襲った大地震の際には、出仕先の甲府藩江戸屋敷に駆けつけるが、「家たおれなば火こそ出べけれ。燈うちけすべきものを」と、「ぐらっときたらまず火を消せ」という今日にも通用する地震標語を警告している。

 白石は甲府藩主・徳川綱豊に仕え、綱豊が6代将軍・家宣となった後は将軍家の家庭教師兼政治指南役として勤め、家宣が亡くなった後も7代・家継に仕えた。いわば体制側の人間だったにもかかわらず進歩的な合理主義者であり、この本のなかでも、林信篤が「正徳」の年号の正の字が不祥だから改元したほうがいいと提案したことに反対し、「年号の文字には罪はない」と反論したり、朝鮮特使の待遇改善を提案、また、参勤交代の人数や将軍家への献上品を減らさせるなどしている。几帳面な性格で、学識も当時としては抜群だった。

好色一代男 〜井原西鶴

 上方の大商人の息子・浮世之介(略して世之介)は7歳で恋を知り、少年時代から腰元・遊女・人妻など数多くの女性に戯れ、恋文を送ったり交渉を持ったりする。19歳になって江戸の店の支配人を任されるが、乱行が親にばれて勘当される。その後、諸国を渡り歩き色道修業を重ね、34歳のとき父の死によって遺産を相続、以後20数年、京、大阪や江戸の遊里を舞台に好色生活を送る。60歳になって浮世の好色を尽くしたとして、好色丸という船で女護(にょごが)が島に船出する。書名は、愛欲一筋の生涯を送って、妻子を持たずに終わった男、という意味。

好色五人女 〜井原西鶴

 実際のモデルを持つ5話からなる恋愛小説集。第1話は姫路での”お夏清十郎の事件”で、姫路但馬屋の娘お夏と手代の清十郎が恋に落ち駆け落ちをするが捕えられてしまう。清十郎は殺されお夏は発狂し、のち尼になる。

 第2話は大阪天満での”樽屋おせんの事件”、第3話は京都での”おさん茂兵衛の事件”。いずれも人妻の不義と悲劇的な末路を描いている。
 第4話は江戸での”八百屋お七の事件”で、恋しい男に逢いたい一心から放火した話。
 第5話は鹿児島での”おまん源五兵衛の事件”で、この話だけはおまんの親が男との仲を許して巨額の富を贈るというハッピーな結末になっている。

世間胸算用 〜井原西鶴

 舞台は京・大阪・江戸などの主要な経済都市。副題に「大晦日(おおみそか)は一日千金」とある通り、全20章すべてが大晦日の設定になっている。大晦日は江戸時代で最大の収支決算日で、売り手も買い手もこの一日を乗り切るために狂奔する日だった。代金を取り立てようとする側と、何とかこの日を逃れようとする側の、あの手この手の秘策や悪戦苦闘ぶりを描いたもの。

古典に親しむ

万葉集・竹取物語・枕草子などの原文と現代語訳。

 →日本文学 →外国文学 →童話 ↑ページの先頭へ



読書でストレス解消!

 ストレス解消に最も効果があるのは、カレーを食べることと読書することだそうですよ。カレーを食べるとクルクミンという成分が血液の流れを活発にしてくれるから。それでは読書はなぜストレス解消に効果的なのか?

 まずは、読書とは本の世界に入っていくことであり、脳の中を別の世界にしてしまうという仮想体験である。その別世界に浸ることで、現実の様々な負の感情や思考をいったん脳の中から追い出すことができる。そして、本を読んで想像することで、実際に経験したときのように脳が活性化する。実験で読書中の脳の様子をMRIで観察したところ、脳内に新しい神経回路さえ生まれたといいますから驚きです。

 テレビや映画では決してそんな現象は起きないそうです。テレビや映画で得られるのは、あくまで受身的情報であるのに対し、読書は自ら読む能動的行為ですからね。文字を捉えて文脈や行間を読み、さらにはイメージに変換する。そうした作業が活性化につながる。

 ただし、これは脳にとってけっこう負荷のかかる作業ですからね。あくまで自分なりのペースでこなしていく。ここんとこが肝心だろうと思います。だって同じ文字を読むのに、たとえば国語の試験の長文問題を読むときなど、ストレスの極致に至ってしまいますもんね。

古典文学年表

奈良時代
712年 『古事記』
720年 『日本書紀』
759年 『万葉集』
平安時代
905年 『古今和歌集』
    『竹取物語』
    『伊勢物語』
935年 『土佐日記』
951年 『後撰和歌集』
    『大和物語』
    『宇津保物語』
974年 『蜻蛉日記』
    『落窪物語』
1000年 『拾遺和歌集』
1002年 『枕草子』
1004年 『和泉式部日記』
1008年 『源氏物語』
1008年 『紫式部日記』
1013年 『和漢朗詠集』
1055年 『堤中納言物語』
    『狭衣物語』
    『浜松中納言物語』
    『夜半の寝覚』
1060年 『更級日記』
    『栄華物語』
1086年 『後拾遺和歌集』
    『大鏡』
1106年 『今昔物語』
1127年 『金葉和歌集』
1151年 『詞花和歌集』
1169年 『梁塵秘抄』
1170年 『今鏡』
1187年 『千載和歌集』
1190年 『水鏡』
1190年 『山家集』
鎌倉時代
1205年 『新古今和歌集』
1212年 『方丈記』
1214年 『金槐和歌集』
1220年 『宇治拾遺物語』
1220年 『愚管抄』
    『保元物語』
    『平治物語』
1221年 『平家物語』
1235年 『小倉百人一首』
1247年 『源平盛衰記』
1252年 『十訓抄』
1280年 『十六夜日記』
1330年 『徒然草』
室町時代
1339年 『神皇正統記』
1356年 『菟玖波集』
1370年 『増鏡』
1374年 『太平記』
1391年 『御伽草子』
1400年 『風姿花伝』
1438年 『義経記』