本文へスキップ

ヘンデルの『水上の音楽』

 数あるクラシック音楽の中には「季節」が感じられる楽曲が少なからずありますね。メンデルスゾーンの『真夏の夜の夢』とかシューベルトの『冬の旅』とかシューマンの交響曲第1番『』とか・・・。バロック音楽の重要な作曲家・ヘンデルの代表作の一つである『水上の音楽』もそのような音楽ではないでしょうか。その涼しげな題名からして、暑い夏にピッタリ。凍えそうな冬にはあまり聴く気にならないです。

 『水上の音楽』は、今から約300年前の1717年7月に、ロンドンのテムズ川で、国王ジョージ1世のために川遊びが催されたときに演奏された管弦楽曲集です。川遊びといってもその規模は豪華絢爛で、50人ものオーケストラを丸ごと船に乗せて演奏したといいますから驚きます。最初にこの曲を聴いたときは、その明るく華やかな旋律から、てっきり夏の日差しがまぶしい川面での演奏かと思い込んでいたのですが、実際には夜の8時ごろから翌朝4時半まで夜通しかけて行われたんですね。ずいぶん元気です。

 ジョージ1世は、趣向を凝らしたこの演奏にいたく感動し、約1時間かかるこの曲を2回もアンコールしたといいますから、とても盛り上がったんですね。50人の楽員に支払われたギャラが1人150ポンドだったという記録も残っているそうです。ただ、ヘンデルの自筆譜が残っていないため、どの曲順で演奏されたのか長らく不明で、さまざまな版が存在しています(最近ではほぼ結論が出ているって)。

 愛聴盤は、ガーディナー指揮、イギリス・バロック管弦楽団による1991年の録音です。オリジナル楽器による鋭敏な演奏はまことにアグレッシブで、録音も優秀です。皆さまも、夏の暑い日にはこの曲を聴いて、ぜひ涼んでくださいな。

ヘンデル(1685〜1759年)
 ドイツ出身でイタリアで成功、後にイギリスで活躍した後期バロック音楽の作曲家・オルガニスト。特にイタリア語のオペラ・セリアや英語のオラトリオの作曲で知られる。バッハが「音楽の父」と評されるのに対し、日本ではヘンデルを「音楽の母」と呼ぶことがある。
 


目次へ ↑このページの先頭へ